あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
いやはや、もうそんなに。
このサイト、開設から13年です。

いろんな事象を語って斬って遊んで13年。
硬い話もするし、そうではないものも。
複雑な現代社会をライフハック。

いろんな分野にまたがってるもんだから、自分が「何の人」か、人によって印象がまちまちかもしれないね。
「政治ウォッチャーの人」
「基地容認の沖縄県民(ただしネトウヨにあらず)」
「軍事分野の人」
「サッカーの人」
「沖縄で鉄道趣味してる人」
「建築マニアな人」
「放送マニアな人」

まあ、それが「何でもあり」で13年やってきた積み重ねともいえますが。
てなわけで、今後もゆたしく。


関西遠征の、鉄道模型買い出しから。

kiha58-01.jpg
ついに登場、キハ58系。
1992年にTOMIXがHGリニューアルして以降、「いずれはキハ58」と考えながらも、発売と資金の余裕のタイミングがなかなか合わず。
その間にKATOがリニューアルというまさかの展開。しかしこちらも各所であっという間に売り切れ。
導入はまだまだ先のことになるかと思っていたら…
大阪日本橋の某中古屋でKATO背単品の新品同然を発見。
今回はキハ58とキハ28の2両という、シンプルな編成でget。

後付け部品をつけて
kiha58-02.jpg
これですよ~。

今振り返ると、国鉄物のディーゼルエンジンは性能が残念なシロモノという評価ですが、多くの人々の足となり記憶に残るクルマですからね。

さて、JR無線アンテナをつけるか。そこから考えよう。


関西に行ってる間に、Twitterの通知欄に

あなたが
「運動家目線に陥った人たち(嫌がらせに生きる人たち)」
のリストに登録されました

という通知が来ましてね。
はぁ?何言ってんの?ですよ。

リストの説明を見ると

被害者・被抑圧者目線を忘れているか悪用している人たち。
被害者・弱者の気持ちや置かれている立場を無視して机上論でのみ政治を騙る悲しい人たち。
差別煽動者。シニシズム ペシミスト。

で、登録されたアカウントを見ると、極左過激派・中核派の機関紙「前進」のYouTubeチャンネルとか、一部で知られる「ネトウヨの兄のデマを正す妹bot」とか、いわゆる自分とは真逆スタンスの面々がいっぱい。

でたらめも程々にせぇや、と。
うちがいつ運動家目線になってるのかと。
「その主張はわかる。でもな…」という自分の指摘・批判のスタイル、相手の主張を一旦受け止めることを「運動家目線に陥った」と認識してるのなら、節穴だろと。

それともあれか?
「沖縄の人」だからか?

このアカウント、以前も自分を「レイシスト」なんてリストに入れてるけど、でたらめに節穴と実に馬鹿げている。
かといって、まともにやり合うつもりもない。長いことツイートしてなくて「見てるだけ」状態のようだし、こっちから出かけたらそれこそ相手の思う壷。

レイシスト晒しとか言って晒し者にしてるつもりかもしれんが、そんなあんたがレイシストですよ、と。


渋谷でのハロウィン「馬鹿騒ぎ」。

まあ、自分もお祭り騒ぎは好きな方だけど、車の往来を妨害とか、それを倒すとか論外ですね。人混みに乗じた痴漢もあかん。

でも、あと数年は「ハロウィン=渋谷」みたいにマスコミが取り上げて、調子に乗る輩がさらに騒ぐ構図になりそうな予感。
実際、那覇市の成人式で逮捕者が出てから数年、「荒れる新成人=沖縄」の図式で全国マスコミが取り上げてたからね。

本当に沈静化させたいなら、報道のやり方もポイントになるかな。


秋の関西展開で入手した鉄道模型から。

1151000nagano2nd-01.jpg
KATOの115系1000番台長野色。
実物や模型製品についての紹介は、既にあちこちでなされてるので割愛。

実はこれ、念願の一品でしてね。
2017年の夏に東京に行く少し前に発売されてて、欲しかったんですよ。
2017hobbyshow-kato-115nagano.jpg
(2017年の全日本模型ホビーショーでの展示)
ただし、当時は資金の都合で断念。その後改めて買おうとしたら、通販対応のあの店もこの店も在庫なし。
こりゃ当面無理かなと思っていたんですが、今回、大阪日本橋の某量販店(店の階に上がる途中2階でマックの客にさらし者になるあの店)に、動力のある基本セットがひとつだけ残ってました。
いやあ運がいい。

帰宅後、基本的な整備を。
1151000nagano2nd-02.jpg
先頭車クモハ115のケーブルを黒く塗ります。あと付け部品が成形の都合で車体の色になってるので、これは定番の仕上げ。
加えて、貫通幌の連結面側を塗ります。写真によっては黒かったりダークグレーのようだったりまちまちですが、模型的な見栄え重視で黒にしました。

1151000nagano2nd-03.jpg
30年を越える鉄道模型歴で、実は、111系に始まる“国鉄近郊顔”の電車自体も初めてだったりします。
(そんなにしょっちゅう買うわけじゃないし、そもそも県単位で鉄道模型の店がないしところ在住だし)
でもね、こりゃいいわ。この塗装自体も、民営化以降に登場した国鉄車両の塗装の中で秀逸だからね。

あとは再生産で基本セットもう1本か、増結セットで3+3にするか。
313系と並べる手もあるな(中津川、松本、岡谷、甲府あたりのイメージ)。


おのぼりさんモードで
umedahanshin201810-02.jpg
梅田の阪神百貨店に行ったなら、地下の食品売場。
中でも名物の「いか焼き」ですよね。
建物が「ツインタワー・サウス」と新しくなっても、「スナックパーク」で営業中。

…ですが、平日昼間というのに、いか焼きの行列が長い長いw
そこで各店舗を見て決めたのは
hanshinsnak-miraku.jpg
「牛焼き みらく」
タレ漬けの焼肉丼の店です。

メインメニューは「牛焼き」各種と「焼肉丼」各種。
オーダーしたのは
hanshinsnak-miraku-mixdon.jpg
焼肉丼グループの中から、ミックス丼並盛(650円)
タレ焼肉とホルモン焼肉のダブル盛り。
ダブルの食感としっかりした味のタレ。コスパも良好。


那覇を中心に沖縄のまちづくりネタを見る「沖縄再開発」シリーズのルーツがある大阪で、まちづくり・再開発ネタを見て歩き。

今回は
umedahanshin201810-01.jpg
建て替え工事が進む、梅田の阪神百貨店。
曽根崎交差点・御堂筋に面した1期部分が完成し、現在は2期工事部分にある旧建物の解体中。

umedahanshin201810-02.jpg
6月に開業した1期部分。
南側の隣接した敷地にあった新阪急ビルと一体での再開発。道路をまたいで建物ができているのも特徴です。

umedahanshin201810-03.jpg
解体中の部分。
完成後は高層ビルが載った形になります。梅田阪急と合わせて「大阪梅田ツインタワーズ」を構成します。
阪急の方が「ノース」、今作ってる阪神が「サウス」

umedahanshin201810-04.jpg
解体中のビルの下部が見えてました。


関西滞在中の話。
関西のTVって、キー局とは違う独自の番組を結構やってるよね。
ちちんぷいぷい(毎日放送)とか、えみちゃんねる(関西テレビ)とか。

そんな番組の中でも、まだ見たことがなかったな…という番組がありました。
「おはよう朝日です」
abcosaka201810.jpg
朝日放送(ABC)の平日朝の番組ですね。全国のテレ朝系列では「グッドモーニング」をやってる時間帯。

見て真っ先に衝撃を受けたのが
「オープニングとCM明けジングルの生演奏」
何これ?である。
エレクトーンを演奏していて、プレイヤーはそれ専属なのかな。
しかもCM明けでは演奏後に「次は○○提供の◆◆」と、スポンサー名込みでコーナー紹介までするという。生演奏でもインパクト大なのに、そんなにスポンサーつくのかというインパクト。

でも、関西ローカルの朝の帯番組では歴史が長いし、視聴率も高いと、CM流したい企業も集まるよね。生活情報も関西ベースだから、阪神高速の渋滞情報が出てくる(パペポTV名物?の「塚本7km」は見られなかったけど)
それにあの感じ、番組内容は若干違うし局も違うけど、昔の「いい朝8時」思い出したね。

てなわけで、滞在中の朝のTVはおは朝と「す・またん」(読売テレビ)のザッピングでしたw


普天間基地のキャンプ・シュワブへの移設(辺野古新基地)をめぐる県民投票。
直接請求に必要な数の署名が集まり、この間に翁長前知事の死去がありましたが、条例案と実施に必要な予算案が県議会に提出され、正式に可決されました。

でもねぇ、この投票、意味あるの?
というのが正直なところです。

当初は、新基地阻止のために知事側に残された手段「辺野古での埋め立て承認の撤回」を後押しするものとされていました。
しかし、翁長前知事が死去直前に撤回手続きに着手、死後に撤回されてます。
さらに、死去後の知事選でも“翁長後継者”が当選し、選挙を通して、反対派が言う“民意”は示された形になってます。

この状況で、果たして、やる意味はあるのでしょうか。

また、この県民投票って、「いっべん意見を聞こう」「白黒つけよう」と意見の違う両サイドが合意して動いたというよりは、反対派がその意思を示す(直球表現をすると「新基地反対と政府に叩きつける」)ための道具として利用しようとしてる構図ですよね。
民意を問うのではなく、反対のパフォーマンス。

条例が通った以上は、いずれやることになるのだろうけど、はっきり言って不安だよね。
もし「反対多数」と出たら、交渉の末お互いに妥協して軟着陸を図ることが困難になりかねない懸念もある。


大阪には何回か行ってるけど、実は、行ったことがない有名な場所があります。

そのうちのひとつに、今回初訪問。
ngk201810-01.jpg
NGKです。
NGKいうてもスパークプラグちゃうで、なんばグランド花月や。
たまには「おのぼりさん」気分もええやん。

ngk201810-02.jpg
正面のとこの芸人の名札、大御所以外もおるな。
2時半開始の2回目公演にちょうどええ時間やし見て行こかとチケット売り場見たら、平日の昼間やというのに、座席完売してて立ち見しか残ってへんねん。ほんまぎょうさん見に来はんねんな。
ま、その完売しとるのも、事前に買った団体さんとかおるんやろな。開演前の観客参加形ゲームで、千葉から修学旅行で来たっちゅう高校生が景品もろてたな。

それでも、ここまで来たからと立ち見券を購入。
劇場は2階にあります。
ngk201810-03.jpg
2階でも芸人パネルがお出迎え。
右から宮川大助・花子、大木こだま・ひびき、中田カウス・ボタン、笑い飯、すっちー。

入場を待ってて、1回目公演終わって客が出た頃に、西川のりおが出てきて待機客は騒然。NGKでは「1日支配人」といって、芸人が公演を見に来た客を出迎えるサービスがあんねんけど、のりお師匠曰く若手芸人が支配人やること多いらしいて、こらラッキーやわ。

この日の2回目公演は
ngk201810-04.jpg 
漫才:トータルテンボス、笑い飯、テンダラー、中川家
コント(村上ショージを中心に)
漫才:大木こだま・ひびき、宮川大助・花子、中田カウス・ボタン
休憩
新喜劇(座長すっちー)

どれも笑えましたw
「忍びねぇな/構わんよ」「N700系のトイレの音」「往生しまっせ」等々、TVで見た定番が、目の前で展開されてく。それと、漫才って、TVで見るより尺長くやんねんな。
吉本新喜劇は沖縄でもTV放送やるようになったけど…あ、新喜劇の中身の話は抑えておこう。この時見たやつ、11月24日に毎日放送で放送する予定やから。
(てことは、ひと月少々遅れでRBCでもやるね)

…ってあれ生とちゃうんかw
冒頭で「なんばグランド花月から中継」って字幕あるけど(プロレス中継みたいなものやと理解しとけw)