あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
1980年(昭和55年)に開院した那覇市立病院。建て替え工事中です。
そういえばしばらく見てないな、と思い立って夕方に確認。
前回取り上げた時はコロナ禍がまだ続いてていろいろ制約がありましたが、今はどうなってるかねー。

タワークレーンが登場してる那覇市立病院の建て替え
おっ、タワークレーンが2基。
(左端のクレーンは隣の松島中学校のだぞ)



【新病棟概要】
敷地面積:約25,180㎡
建築面積:約8,980㎡(新病院棟4,700㎡)
新病院棟規模:地上11階・地下1階
新病院棟延床面積:約38,330㎡
新病院棟構造:鉄骨鉄筋コンクリート造(免震構造)
病床数:470(病棟は一般7~10階、女性周産期と小児6階)
設計:梓設計・ワールド設計・国吉設計JV


新病院棟の鉄骨がちらっと見える
病院の正面入口側。入口前のロータリーは縮小してます。
クレーンの根元、新病院棟の鉄骨が見えます。

松島中学校の側から見る新病院棟2024年2月
敷地の南側、松島中学校前の道路に回り込み。
本館と西病棟の間のエリアから組んでるようです。

もう少しで現在の病院が見えなくなる?
手前側(松島中側)もこれから鉄骨組むのかと。

新病院棟も傾斜地に建ってるのがわかる
敷地西側、病院と松島小学校の間の坂道から。
右に見えるコンクリート壁ぎりぎりに造ってる。病院は傾斜地にあるから建物本体に取りかかる前の擁壁山留め工事は結構手間かかったやろな。

夕暮れ時でもこれだけ撮れる今のスマホええわぁ
もう5〜6階あたりまで組んでるように見えるけど、まだまだ。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nandemoari2nd.blog.fc2.com/tb.php/8720-2b3c5aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック