あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
まだある2023夏の大阪遠征ネタ。
5年ぶりなので比較しながら見る楽しみも。




梅田阪神

阪神の駅や阪神百貨店が入るビル。2018年訪問時は1期工事が終わり、2期工事部分の旧建物を解体中でした。
umedahanshin201810-01.jpg

あれから5年。

梅田阪神のビルは梅田ツインタワーズ・サウスに
でき上がり。2022年に完成しました。高層ビルつきなので引きで撮らないとw

前見た時は高層部は工事中だったのよね
2018年の時点で建物には「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」の名前がついてました。ツインタワーの「ノース」は阪急百貨店の建物。阪急と阪神の経営統合の象徴的存在。

阪神が「アレ」した直後だったので
阪神タイガースが「アレ(リーグ優勝)」した直後だったのでこの装い。

ヨドバシ梅田/リンクス梅田

大阪駅北側のヨドバシ梅田。旧国鉄大阪鉄道管理局の跡地再開発で2001年に完成してますが、その後さらに拡張。2018年時点で工事中。
yodobashiumeda201810-02.jpg

増築部分は2019年に完成しました。
高層部まで収めて撮るの難しい
高層部分にホテル阪急レスパイア大阪が入ってます。

前行った時は工事中だったリンクス梅田が完成
専門店街部分は「リンクス梅田」。
大規模な商業施設…つまり「梅田最強はリンクスが決める」
(唐突に流れるリングスのテーマw)

大丸心斎橋店本館

ヴォーリズの名建築のひとつ。老朽化に抗えず建て替えとなったものの「部材を再利用し再現する」手法を取りました。
daimaru-shinsaibashi201810-01.jpg
2018年に見た時は工事中。尖塔がチラっと見えますが高層部は途中。

その後2019年に完成しました。
再生した心斎橋の大丸
すげぇな。見事に再生しおった。高層部の仕上げは意見が分かれそうだけど、自分は悪くないと思う。

心斎橋パルコが入る北館との接続部分
北館との接続部分。通路じゃなくてほぼ一体化。
北館は旧心斎橋そごうから大丸となり、今は大丸を擁するJフロントリテイリング傘下の心斎橋パルコが入居してます。パルコ入居を前に外壁の装飾が変更されました。
ちなみに改装前の外壁の装飾にはそごうのマーク「まるにちきり」が刻まれてたとのこと。

心斎橋大丸の本館南側、壁面に違い
本館南側。よく見ると壁面が違いますね。
左の御堂筋側は名建築そのまま、右の心斎橋筋側は「それっぽく仕上げ」なのがわかります。

心斎橋筋側は新しいきれい感
心斎橋筋側は昔の再現よりは新しい感じですが、中央部には孔雀(ピーコック)の装飾が健在。
ところで、デパートに悟空やルフィに炭治郎って…これ、ジャンプショップが入居してるのね。

見事な再生です、大丸心斎橋店
いや〜よくやったと思いますよこの再生。
百貨店建築の中には戦後世代でも築60年前後を経過したものもあり、いずれどうするかの課題に直面しそうです。大丸心斎橋店はそれに対する回答の一例となるでしょうか。
個人的には札幌の丸井今井、仙台の藤崎、岡山の天満屋が気になる。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nandemoari2nd.blog.fc2.com/tb.php/8693-a372a8b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック