あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
9月30日と10月1日の普天間基地にあった一般公開「普天間フライトラインフェア」
初登場以外もいろいろ。

人気者のオスプレイ
いつも人気者のMV-22




武装つきで展示されたUH-1Y
汎用ヘリのUH-1Yはロケット弾ポッドつきで展示。

ダミーの武装つきで展示されたAH-1Z
AH-1Zは武装マシマシの展示で攻撃ヘリらしさ満点。

AH-1Zに搭載されたサイドワインダー、ロケット弾ポッド、ヘルファイア
サイドワインダー、ロケット弾ポッド、ヘルファイア。

後継の配備がいつか気になるCH-53E
まだまだ頑張るCH-53E。

Remove before flight確認ヨシ
メインローターのREMOVE BEFORE FLIGHT確認ヨシ!
(一部界隈は憎きアイテム)

バギーのような全地形対応多目的車両MRZR
海兵隊の航空機以外の展示で人気っぽかったのが、このMRZRという車。
バギーのような全地形車両で、オスプレイにも搭載可能。

今回の海兵隊以外の飛来機はおとなしめ。
嘉手納から来たHH-60G
嘉手納から来たのはHH-60G。

HH-60G左側面の機銃用台座かな
HH-60Gの左側についてた機銃の台座。

横田のC-130J-30が普天間にお出まし
嘉手納からはヘリだけでしたが、意外!横田からC-130J-30。

米陸軍のパトリオットもPAC-3とMSE混載で展示
こちらも定着しましたね。米陸軍のパトリオット。緑色がPAC-3、砂漠迷彩色がPAC-3MSEの混載状態。

空自のパトリオットはPAC-3とMSE混載
パトリオットは空自も持ち込み。
キャニスターに「第十漆高射隊(第17高射隊)」とマーキング。沖縄担当の南西高射群に4つある部隊のうち那覇にいるやつですね。あとは恩納に1つ、知念に2つ。

左の2本がPAC-3MSE、右の4発パックがPAC-3
空自もミサイル混載仕様。
左の2本がPAC-3MSE、右の4発入り1ケースがPAC-3。

陸ではなく空自の基地防空用地対空誘導弾
11式地対空誘導弾の空自仕様、基地防空用地対空誘導弾。

ヘリはいなかったが車は来た陸自
ヘリはいませんでしたが、陸自は87式偵察警戒車など車両を展示。

その脇で
2023年の陸自那覇駐屯地公開は11月26日
那覇駐屯地一般公開の宣伝w
今年は11月26日です。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nandemoari2nd.blog.fc2.com/tb.php/8691-7129fa1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック