あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
6月23日は慰霊の日。
1945年の沖縄戦で組織的戦闘が終わった日とされています。

さて、COVID-19/新型コロナウイルスの影響は慰霊の日にも出てます。
各地の慰霊碑での追悼行事は軒並み縮小か中止。
沖縄県主催の追悼式の規模が縮小され、参列は県内の招待者のみ。総理の出席もありません。

その県主催の追悼式、当初はもっと小規模なものとされ、会場も例年の場所から、同じ摩文仁地区の国立沖縄戦没者墓苑で実施する予定でした。
ところが、これに対して反発の声が出ました。理由は「国の施設で追悼式をやるのはいかがなものか」「住民の犠牲を天皇・国家のための殉国死と追認する」というもの。
沖縄戦では日本軍が住民を守らなかった、それどころか住民を殺した事例もありました。それをもって「軍隊は住民を守らない」という主張もあります。ですが、国立の施設で追悼式を執り行うことが殉国死追認とイコールなのかというと、正直わからない点もあります。もしかして、追悼よりも「軍隊は住民を守らない」や日本不信といった主義主張、果てはイデオロギーが無意識のうちにあるのでは、とも思えます。
それに、今回は新型コロナウイルスの感染防止という事情があったわけですからね。ちなみに、緊急事態宣言が解除されたことも、追悼式の会場が国立戦没者墓苑から「いつもの場所」に戻った背景かと。

ところ変われど、追悼の心、平和を願う心は変わらないはずです。

そしてそれは、慰霊祭ができない、平和の礎に行けないけど…という人々も。離れていても、平和を願う心は変わりません。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
そろそろ二度と戦争をしないではなく、戦争はこの惑星すら生命の住めない星にするほど破壊する行為だから、二度とできないに発想を転換できませんかね。
何しろ人類自体が過去何回も滅びかけたのは事実ですから。
2020/06/23(火) 16:33 | URL | からや #/eHZo/AY[ 編集]
地球外の生命体が侵略してきて、団結で対処な状況にでもならない限り変わらない?
でも人類が地球の外に本格的に進出したら、宇宙世紀のガンダムとか、銀英伝みたいになる可能性も?
2020/06/28(日) 22:25 | URL | まさや@なかのひと #-[ 編集]
自分のカキコミで気を悪くされた方がいましたらごめんなさい。
こういうとらえかたもあるということです。
2020/07/15(水) 20:45 | URL | からや #/eHZo/AY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nandemoari2nd.blog.fc2.com/tb.php/8293-d43b249b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック