あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
鉄道模型の話。
そういえば、と収納の奥から引っ張り出してみた。
いろいろ塗りかえて元々の茶色に戻るというw
見た目ぼろぼろだけど、EF58。今は廃版になったTOMIXの「大窓・茶色」。
買ったのは小学生の頃。買った店も今はなき百貨店、沖縄山形屋。
ぼろく見えるのは、走らないだけでなく、青大将やレインボー(EF81の95号機みたいな)など塗装を変えまくった名残。そして茶色に戻りなぜかJRマークのインレタをつけるというw

さてなぜこれを出すか。
それはKATO製との比較。
ef58omadoblue2017-07.jpg
鉄道模型をたしなんでいると「KATOのNゲージのEF58は車体が長い」というのは知ってる人も結構いるかと思います。
そこで、両方あるんなら比較してみようかと。

【上から見る】
ef58hikaku-loof.jpg
上がTOMIX製。下がKATO製。
やっぱりKATO製が長いですね。特にランボードがある部分で長さに差がみられます。

【側面を見る】
ef58hikaku-side.jpg
さっきと逆ですが、上がKATO製で下がTOMIX製。運転台部分の長さを見るため敢えて鏡面っぽい配置です。
上からの比較でも感じたのですが、運転台の部分は前後方向の長さの違いはあまりないような。

【顔を見る】
ef58hikaku-tomixfront.jpg
TOMIX製

ef58hikaku-katofront.jpg
KATO製

両方とも大窓でよかったーw(小窓やひさし付だと比較できない)
どちらもEF58とわかる顔ですが、TOMIXは平ぺったいというか、EF58(新車体仕様)特有のすぼまり感が控え目に見えますね。線路幅との違和感をどうにかしようとしたように思えます。
(Nゲージの線路幅9mmは、国鉄・JR在来線の線路幅を150分の1に小さくしたものより微妙に広い)
KATOはすぼまり感や線路幅などのバランスを絶妙な位置でつかんでるかな?

【比較してみて】
ef58hikaku-katomix.jpg
KATOのを買った時にも触れましたが、EF58は模型化が難しいクルマだよな。
きっちり150分の1にするのと諸々の事情のバランスがね。
近年KATOがたまに再生産するけど、「リニューアルの前触れ」ではなさそうだし、TOMIXが現行技術で再挑戦するのも見てみたいけど、牽く列車の用意も必要になりそう。

でも一寸先はわからんでぇ。
今年の静岡かJAM、鉄道模型コンテストあたりで新規発表あったりしてw


関連記事
コメント
この記事へのコメント
はいさーい

EF58とはこれまたシブーい機関車ですな

EF62を山から下ろしてEF58を置き換えた歴史の証人
(主力運用の小荷物列車全廃で失業。
これが今のブラック運送業界の伏線と考えたらなんとなく辻褄が合ってくるという笑えない構造)

最近のKATO機関車はTOMIXと同寸です

ただ
国鉄型はもはや現存しないものばかりの為
導入対象圏外…

153系もスルー&ノーマーク

強いていうなら
popondettaの作る東武500系は導入対象車両です

KATOは製品化迷走なので
今後どうするんだか()

そういえば
ユニトラック4番ポイント脱線対策してますか!?
2020/02/23(日) 03:19 | URL | 南栗橋車両管理区荒川支所 #1KEPZEsI[ 編集]
都市・地域間は鉄道や船、都市・地域内はトラックと棲み分けできればいいのですけどねぇ。

確かに最近のKATOの製品化には「?」ということもしばしば。カートレインやC62+ゆうづるとか。
東武500系もですが、ポポンの製品は中国で製造というので新型コロナウイルスの余波も心配なところ。

ユニトラ4番ポイントは今のところ不具合を感じたことはないので脱線対策はしてないです。
もっとも、持ってるポイントはほとんどが6番で、4番は1つだけでして。
2020/02/26(水) 23:59 | URL | まさや@なかのひと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nandemoari2nd.blog.fc2.com/tb.php/8249-03a525b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック