あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
民主主義の観点から、手段としての「住民投票」は重要。
だけど、制度ややり方などに疑問があり、批判せざるを得ない、普天間基地の移設工事に伴う埋め立ての是非を問う“形になっている”沖縄での県民投票。

新基地反対派のアピール手段のような性質を帯びてる現状から、「いっぺんみんなの意見直接聞こうか」という形へ、民主主義の手段としてより多くの県民に参加してもらえるように改善する提言を、前のネタでまとめました。

しかし、知事や県政与党、オール沖縄勢力がこのような改善をするかというと、正直期待できそうにありません。
埋め立ての土砂が入り、非合法な手段でなければ何でもやるモードに入ってますからね(代表例はホワイトハウスの請願サイトで署名集め)。

もし改善がなされず、今のまま県民投票が実施されそうなら、どうするか…。

まず、不参加を表明した沖縄市、宜野湾市、宮古島市。議会で否決されたが態度を表明してないうるま市と石垣市。

投票事務をやっちゃってください。

議会で投票事務の予算執行が否決され不参加を表明した市では、訴訟に向けた動きのほか、市長や反対に回った議員のリコールはどうかと提起する大学教授まで出ています。
オール沖縄と意見が違うだけで叩かれないがしろにされる上に、「民主主義の敵」とレッテルを張られたら、叩かれるどころか“排除”されかねません。
今の状況でリコールから選挙となれば、“非オール沖縄”には勝ち目がありません。その先の、市町村長や市町村議会もオール沖縄が圧倒的多数派になった状況を想像すると、不安しかないです。

異なる意見に対する排他性。
妥協点を探ろうとしない硬直性。

これでは解決も何もありません。
そんな“オール沖縄”に沖縄が呑み込まれることは、県民投票で「反対が圧倒的多数」の結果が出ることとは比べ物にならない深刻な事態です。
なので、投票事務は引き受けて県民投票を実施しちゃってください。

ただ、投票事務をやると表明する場で「民主主義を尊重して県民投票を実施する」と表明しながら、「民意をくみ取るとは思えない選択肢設定など、あのような条例を作るのはけしからん」と批判したり、「知事や県職員は中立の立場を尊重した言動を」と注文をつけるのはどうでしょうか。

あとは有権者レベルで棄権・白票・無効票で「一方の意見の勢力のパフォーマンス道具にされた住民投票」に批判の意思を示すのもありかな。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nandemoari2nd.blog.fc2.com/tb.php/8019-a2102dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック