あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
秋の関西展開で入手した鉄道模型から。

1151000nagano2nd-01.jpg
KATOの115系1000番台長野色。
実物や模型製品についての紹介は、既にあちこちでなされてるので割愛。

実はこれ、念願の一品でしてね。
2017年の夏に東京に行く少し前に発売されてて、欲しかったんですよ。
2017hobbyshow-kato-115nagano.jpg
(2017年の全日本模型ホビーショーでの展示)
ただし、当時は資金の都合で断念。その後改めて買おうとしたら、通販対応のあの店もこの店も在庫なし。
こりゃ当面無理かなと思っていたんですが、今回、大阪日本橋の某量販店(店の階に上がる途中2階でマックの客にさらし者になるあの店)に、動力のある基本セットがひとつだけ残ってました。
いやあ運がいい。

帰宅後、基本的な整備を。
1151000nagano2nd-02.jpg
先頭車クモハ115のケーブルを黒く塗ります。あと付け部品が成形の都合で車体の色になってるので、これは定番の仕上げ。
加えて、貫通幌の連結面側を塗ります。写真によっては黒かったりダークグレーのようだったりまちまちですが、模型的な見栄え重視で黒にしました。

1151000nagano2nd-03.jpg
30年を越える鉄道模型歴で、実は、111系に始まる“国鉄近郊顔”の電車自体も初めてだったりします。
(そんなにしょっちゅう買うわけじゃないし、そもそも県単位で鉄道模型の店がないしところ在住だし)
でもね、こりゃいいわ。この塗装自体も、民営化以降に登場した国鉄車両の塗装の中で秀逸だからね。

あとは再生産で基本セットもう1本か、増結セットで3+3にするか。
313系と並べる手もあるな(中津川、松本、岡谷、甲府あたりのイメージ)。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nandemoari2nd.blog.fc2.com/tb.php/7948-f548e6da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック