あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない

(N-Gauge Information)

これはいい開発。
動画の中では「落とす」実演までしてる。移動中だけでなく、地震も無視できないからね。

従来のケースでは、断面はこんな感じ。

ふたふたふたふたふた
緩衝材 車両 緩衝材
下敷下敷下敷下敷下敷
外箱外箱外箱外箱外箱

これが、KATOが開発中の新しいケースだと

ふたふたふたふたふた
中敷中敷中敷中敷中敷
緩衝材 車両 緩衝材
下敷下敷下敷下敷下敷
外箱外箱外箱外箱外箱

従来クッション性材料のなかったふたの側に、中敷きを追加。車両の全方向に緩衝材がついたわけですね。
あとはコストもそうですが
、中敷きの材料が、車体の塗装や印刷と何らかの化学反応を起こして剥離・劣化しないようにするとかかな。

20~21m級の10両編成、多数あります(9両編成も1ケースに収まるので、JR世代の特急車両にも嬉しい)。さすがに新幹線は無理か。
これがひとつに収納でき、かつ耐衝撃性がある。発売されたら導入かと。
「飛行機に乗って貸しレイアウトに行く」地域に住む人にとっては重要。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nandemoari2nd.blog.fc2.com/tb.php/7863-8c5dc404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック