あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
近年の深夜アニメでは、作品の舞台となった地域であれば、大都市圏以外の地上波民放でも放送をする事例があります。
(例:青森放送でふらいんぐうぃっち、長崎国際テレビでばらかもん)

では、2018年6月9日に出たこちらのツイートをどうぞ。


「琉球放送:7月15日から毎週日曜日25:40~」

沖縄でもやるのか。
沖縄の地上波民放での深夜アニメは、2016年に琉球朝日放送(QAB)で放送された「タイガーマスクW」以来。この時はテレビ朝日が系列局全国放送にしたことで実現したものでした。

この「はるかなレシーブ」、舞台は沖縄なんですね。先行PVを見ると平安座島っぽい光景もあったんですが。
と言いますか、深夜アニメ過疎な沖縄。
いや、深夜以外も扱いがだね。鬼太郎やドラゴンボールはやらないし、名探偵コナンも深夜扱い。アンパンマンもメインのターゲット視聴者層が見なさそうな早朝。まともにやってるのは全国同時ネット扱いのサザエさんやドラえもん、プリキュアあたりに限られるという。

では、沖縄の地上波民放での深夜アニメの歴史は。
2010年(けいおん2期放送前)にもまとめましたが、それをさらにブラッシュアップしてまとめ。


確認できた限りで古いのは、1999年~2000年に沖縄テレビ(OTV)で放送された「快感フレーズ」(アニメでの表記はKAIKANフレーズ)。作品中のバンド「Λucifer(リュシフェル)」が現実世界にも登場しました。
単独放送でないものだと、琉球放送(RBC)でやってました。1997年から2000年まで放送されたTBS系列全国ネット深夜番組「ワンダフル」の中での作品がありますね。「稲中卓球部」「浦安鉄筋家族」「逮捕しちゃうぞ」「デ・ジ・キャラット」など。

ワンダフル枠内や快感フレーズのあとは…

2006:NANA(RBC)
2007:コードギアス1期(遅れ、RBC)
2008:鉄腕バーディー(OTV)
2010:けいおん2期(RBC)、あそびにいくヨ(QAB)
2011:けいおん1期(遅れ、RBC)
2014:進撃の巨人1期(遅れ、RBC)
2016:タイガーマスクW(QAB)

これだけ。
(※けものフレンズ(2017年・QAB)は夕方放送なのでカウント除外)

ただ、少ないのも理由はあります。
深夜アニメの制作体制で定番の「制作委員会方式」だと、制作委員会がTV局の放送枠を買う形になるので、映像ソフトや関連商品の販売でペイしようとすることなどを考慮すると、無料視聴可能なチャンネルは
「大都市圏地上波+BS+ネット配信」
になる傾向があります。しかも近年はその大都市圏地上波から名古屋や福岡がはずれて「首都圏+関西+BS」になることも。

とはいえ、近年は地方局が遅れも含めて深夜作品に手をつける例がいくつか出ています。「進撃の巨人」や「おそ松さん」があちこちで。
では、沖縄ではそれはできないのか。

考えられる理由は、「金」と「枠」。
「金」は各放送局の資金力。単純に資金力が弱いのか、ほかにやるべきことが多くてアニメ買い付けにまわす金がないのか。
「枠」は放送枠。沖縄は日テレの系列局がなく、ニュースや情報物以外の日テレ系の番組をRBCとOTVで深夜まで使って放送しているので、物理的に難しくなっている可能性。

まあ、最近は無料BSの視聴環境やネット配信(無料も)の普及で一定のカバーはされるようになってますけどね。
ただ、大都市圏地上波やAT-Xよりも遅れ放送になる例があるので、ネットがこれだけ発達した今ではネタバレリスクが高い面もあり、そこをどう割り切るか。

とはいえ、久々の沖縄の民放での深夜アニメ。
沖縄が舞台だし、登場人物を演じる声優には、これまた沖縄が舞台のあそびにいくヨで主役のエリスを演じた伊藤かな恵もいるという。

沖縄のアニメクラスタに火がつく案件ですね。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nandemoari2nd.blog.fc2.com/tb.php/7793-002a4e82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック