あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
2018年5月4日の沖縄タイムスに載っていた、秋の沖縄県知事選挙に向けた現況の記事。(感想とか読み・分析などはこちら)
この中で、翁長知事側(オール沖縄側)との対決になる、自民党と公明党側で候補者に取り沙汰される人に、実名なしでまさかの人物が浮上してました。

「県内民放アナウンサー」

おいこれまさかの様相だぞ。
ちょっとこれはイニシャルトークにしよう。

まず、琉球朝日放送(QAB)の可能性は低い。
どの局も基地関連での報道は批判的なスタンスがあるけど、QABはガチガチの反対派寄り。自公側から出るとは考えにくいです。

沖縄テレビ(OTV)も可能性は低そう。
だって、局アナが若い。現役7人中、1人を除いて20~30代。
そこで「え、ベテラン結構いるのでは?」と疑問を持った人もいるでしょう。
実は、OTVでは、アナウンサー経験者がアナじゃない職場へ異動する例が結構ある模様。F・Tはこの前那覇ハーリーの会場で裏方仕事してたっぽい。

ラジオ沖縄(ROK)は、ピンとくる人は見当たらないね。

となると、琉球放送(RBC)?
今のRBCのアナで知名度が高い人はK・Rを連想する人も多いでしょうけど、Kの母は基地反対な革新政党で県議だったので、自公側から出るかといわれると…まあ親は親、本人は別ということもあるでしょう。
ですが、RBCには「もしや?」がいます。
クリーン感や経済系の強さも垣間見えるH・T。
県外出身だけどベテランで知名度も高いM・KとH・K。

そうそう、FM沖縄のN・Kもどうだろ。
面白い人のイメージが強いけど、番組内で「子どもの貧困」を取り上げたりと、社会派な面を見せることもあります。基地関連ではいろいろ指摘されてるようですが。

もっとも、これは名前が出てない状態の新聞記事を元に、可能性を探ったもの。
今挙げた中の誰かが出るかもしれないし、違う人かもしれない。アナウンサーではない人になるかもしれません。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/05/10(木) 01:38 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/05/10(木) 02:06 | | #[ 編集]
情報提供ありがとうございます。
なるほどね~。
2018/05/15(火) 23:49 | URL | 管理人まさや #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nandemoari2nd.blog.fc2.com/tb.php/7753-ef4bb00e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック