あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
普天間飛行場の代替施設(辺野古新基地)に反対という目的でまとまり、活動し、翁長知事を誕生させ支えてきた“オール沖縄”。
その屋台骨に影響を与えそうな出来事が発生しました。

金秀グループの呉屋守将会長(「呉屋守將」とも表記されるので、両方書いておのうね)が、オール沖縄の運動体組織「オール沖縄会議」の共同代表を辞任しました。
報道では、名護市長選の敗北の責任を取るというもので、辞任後も辺野古新基地反対のスタンスで翁長知事を支えるとのこと。オール沖縄会議からは慰留や顧問就任の打診もありましたが、それも固辞しました。

選挙で敗れた責任ねぇ。
呉屋会長なりのけじめのつけ方とも取れるけど、選挙結果って、呉屋会長だけが詰め腹切らされるようなものではないように感じるなぁ。責任取って何らかのポストから退くのであれば、革新政党側の人じゃないかな、と。
そうなると、「呉屋会長がオール沖縄から抜けたor距離を置き始めたのでは?」という見方もできます。
辺野古新基地阻止の姿勢は変わらないとしています。しかし、今後の活動について気になる点がひとつ。

「沖縄の過重な基地負担に理解を示す、自民党の国会議員の後援組織をつくる」

ふーん。理解を示す人を支えるとはいいますが、自民党は普天間の代替施設を進める立場です。
自民党の中でシンパを増やして方針を転換させようという策のように見えますが、代替施設の工事は護岸部分にとりかかり、着実に進んでます。仮に1年以内に自民党の国会議員の過半数を「辺野古新基地反対」に転換できたとしても、その頃には埋め立てに着手してるはず。時既に遅し、か。それに、代替施設はアメリカも関わるので外交案件。簡単には転びません。

だとすれば、その後援組織はどういうものか。辺野古は阻止できなくても負担軽減につながる新たな道を模索してるのか。

“オール沖縄”と標榜してますが、オール沖縄と共同歩調を取った保守系議員が相次いで議席を失い、従来の“基地反対系”革新政党の共闘と変わらなくなってきていました。
そこに、オール沖縄における経済界・保守系の重鎮が要職兼看板ポジションから離れる展開。

オール沖縄が“オール”ではなくなる決定打でしょうか。
看板・理念が、実態とそぐわなくなった瞬間。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
今の共同代表って誰なんだろうか
稲嶺進さんはまだ在任?
呉屋さんは名護市長選を理由に辞めてるから変な感じになるね
2018/03/08(木) 02:38 | URL | やっほい #-[ 編集]
オール沖縄公式サイトにも、組織や代表者とかそのへんはっきり書かれてないんで、今誰なのかわからないんですよね。
報道を見直した上で呉屋さんをを省くと、稲嶺進、高里鈴代、玉城愛のはずですが、現状どうなのか。呉屋さんの後継を置くのかも不明です。
2018/03/15(木) 21:24 | URL | 管理人まさや #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nandemoari2nd.blog.fc2.com/tb.php/7674-318af823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック