あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
「810kHzの米軍放送が止まってる」
1月20日から21日に日付が変わる頃、そんな知らせを聞いて、ラジオの周波数をを米軍の放送・AFNに合わせる。810kHzは横田基地発の東京の周波数なので、沖縄は648kHz。

クラシックの音楽
「Due to the government shutdown, AFN services are not available.」と時折入るアナウンス。

つい昨日の石川テレビや北陸放送のように、電波が完全に止まってる(電波停止)状態ではないが、放送が止まってました。
その正体は、アメリカの連邦政府予算(国家予算)の執行停止。年度予算が正式に議会で承認されておらず、暫定予算でしのいでいましたが、その暫定予算の期限が切れたのが、日本時間で1月20日。
暫定予算切れで、アメリカでは政府予算で運営する博物館や施設が休止しました。軍は予算の期限切れでも軍はどうにかするものですが、AFNは「不要不急」ということで休止したのでしょうか。もちろん、有事発生の際は米軍の将兵や家族(特に国外駐留)に連絡が必要なこともあるはずなので、電波の停止ではなく、通常放送の休止、と。

ここ日本でも、アメリカ政府予算の停止がわかる事態を確認できるとはね。
なんだろう、予算執行停止とはわかっているんだけど、この有事感。日本で言うと、1989年1月7日や1995年1月17日、2011年3月11日とそれらの日から数日みたいなものでしょうか。
(アメリカに旅行したい人のビザ申請はどうなってたんだろ)

なお、放送は日本時間21日昼には再開しました。
AFNの公式Twitterでは「ニュースとスポーツは再開する」とアナウンス(これ、テレビの方かな)。
その後、アメリカ太平洋時間の24日にフルサービス再開となりました。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nandemoari2nd.blog.fc2.com/tb.php/7618-7eff9ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック