あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
「南シナ海に日本の潜水艦」
このニュースに驚いた人、結構いるでしょう。

周辺の国が「このへんの島はうちの領土」と、南シナ海にあるスプラトリー諸島(南沙諸島)をめぐり主張し合う中、中国が「この海すべて自分のもの」とばかりに次々と環礁を取っては埋め立て拡張で軍の基地を作り、地域のホットスポットとなってます。
中国に反発する国がある一方、中国が援助や貿易で各国を籠絡しようと動いてます。このような中国の動きを阻止すべく、アメリカは中国が支配する島や環礁の12海里以内(領海内)を航行する「航行の自由作戦」を時折実施しています。

そんな南シナ海で、海上自衛隊の潜水艦が行動していた。
しかもベトナムの基地に寄港していた。

その動きに「軍靴の響きが」「戦争反対」といった、“お約束”の反発をするのは、正直言うと、物事が見えてないです。

実は、自衛隊の潜水艦が南シナ海に行くのは、これが初めてではありません。
今回の報道ののち、大臣会見で「南シナ海には15年前から行っている」と発言しています。また、2016年には護衛艦2隻とともに、フィリピンの“南シナ海側”にあるスービックに寄港しています。

では、なぜ南シナ海なのか。
アメリカの「航行の自由作戦」に付き合うわけでもないのに。

それは、やはり中国への牽制です。

日本の潜水艦が南シナ海まで来ているとわかると、中国はそちらへの対策もとる必要があります。ここがポイントです。
中国の力を分散させるのです。

今、日本と中国が対峙するエリアは東シナ海。ここには日本の領土である島が沖縄をはじめ多数ありますが、その中の尖閣諸島を中国は「自国の領土」と主張するのに加えて、戦争にならないレベルで様々な行動をしています。
これに対し、日本は“日本版海兵隊”といわれる水陸機動団を編成するなど、この地域の防衛力を高めています。「島嶼防衛」という言葉、よく聞きますね。

ですが、国力には限りがあります。
自衛隊を中国軍(人民解放軍)と対等な規模に強化するのは無理。だからといって中国の言うがままにされるのか?

そこで、中国の力を日本との正面以外にも分散させる策です。
今回やった分散策は、秘密性が売りの潜水艦を「いるよ」「実は15年前から行ってるのよ」とチラ見せ。
南シナ海に常時いなくても、「日本の潜水艦がいるかもしれない」と思わせることで、中国側の軍事的な負担を上げ、日本が中国と対峙するラインを、日本から遠くすることができます。

戦争を起こすことをためらわせる。
戦争という選択をできなくする。
中国軍が与那国島と多良間島に侵攻し、宮古島を空爆した某漫画のような事態を、リアルで発生させないための手法のひとつ、というわけです。


陸は小さな混成団から増員して旅団に。
空は戦闘機部隊を1個追加。
与那国島に監視部隊。
沖縄の自衛隊は、近年その規模が次第に大きくなってます。

沖縄では、規模が大きくなる背景である中国の活動が知られる一方、従来の基地反対運動なスタンスから自衛隊の配備に反対する声もあります。

そんな沖縄での自衛隊配備について、理解を助ける話です。

  1. Twitterで見つけた、よい指摘
  2. 中国の「第1列島線」「第2列島線」「A2/AD」
  3. 水陸機動団は確かに使えるが
  4. 日本版A2/AD
  5. 【まとめ】戦闘をためらわせることが重要

Twitterで見つけた、よい指摘


興味深いツイートがありました。
軍事分野を得意とする「だよもん」さんと「因幡のよっちゃん」さんです。








[実は沖縄で既に動いている?日本版A2/AD]の続きを読む
普天間基地の一般公開イベント「普天間フライトラインフェア」での飛行機の展示は、地上に置いてるだけ。
空自那覇基地のような、飛行展示はありません。

しかし…
初日(7月7日)の14時56分頃
futenmaflf2018-flight-001.jpg
飛ぶんかい!
AH-1Z攻撃ヘリとUH-1Y汎用ヘリが、滑走路上空あたりを北から南の方向(普天間→真栄原)へ飛びました。

その後
futenmaflf2018-flight-002.jpg
CH-53Eも飛ぶんかい!

futenmaflf2018-flight-003.jpg
こちらはオスプレイのローターも絡めて。

ということは、まさか…
そのまさか。
futenmaflf2018-flight-004.jpg
オスプレイも飛ぶんかい!

飛行展示はプログラムに入ってないはず。滑走路も大山ゲート側からの来場者の車の道路になってましたし。
サプライズちゃうよな?


2018年の普天間フライトラインフェア。

futenmaflf2018-uh1y-001.jpg
ちょっとした人員の移動など、様々な用途で使う、汎用ヘリのUH-1Y。

よく見ると
futenmaflf2018-uh1y-002.jpg
ドアがない。
人や物資が乗る空間(キャビン)にあるはずのドアがないね。
ドアを開けた状態なら、開口部からのびる2本のレールの上にドアがあるはず。

左側も
futenmaflf2018-uh1y-003.jpg
ドアがない。

futenmaflf2018-uh1y-004.jpg
整備の関係で外してるのかというと、そうでもない。
また、たまにこの状態でミッションをすることもあるとか。

(参考)
futenmaflf2015_uh1y.jpg
ドアがある状態@2015年撮影


2018年の普天間フライトラインフェア。

futenmaflf2018-ah1z-001.jpg
攻撃ヘリのAH-1Zは2機展示されてました。

そのうちの、会場入口側にいた機体は
futenmaflf2018-ah1z-002.jpg
展示の仕方がちょっと変わってました。

機体の周囲に
futenmaflf2018-ah1z-safety01.jpg
Safety Inspection(安全検査)の説明パネルがありました。
これは検査の必要性を紹介するもの。このほか各部分のチェックを説明するパネルが5枚ありました。

【1】
futenmaflf2018-ah1z-safety02.jpg
機首下のセンサーターレットと20mm機関砲の安全状態や、ちゃんと回転するかを確認。
センサーはミッションをする上で重要です。

【2】
futenmaflf2018-ah1z-safety03.jpg
テールローターと、そこにつながるドライブシャフト部分のコンディションの確認を。

【3】
futenmaflf2018-ah1z-safety04.jpg
メインローターのマスト(中央の回転軸)やヘッド(マストにつながるブレードの根元)、ブレード(翼)に亀裂や腐食がないかを確認しましょう。
※crack=亀裂、corrosion=腐食

【4】
futenmaflf2018-ah1z-safety05.jpg
左のエンジン。コンディションのほか、オイルやフィルターもチェック。
説明の板では左エンジンですが、このヘリのエンジンは2基なので、右側のエンジンも同様に確認を。

【5】
futenmaflf2018-ah1z-safety06.jpg
キャノピー(操縦席)や周囲のハンドルなど。ボルトが確実に締め付けられてるか確認しましょう。

futenmaflf2018-ah1z-003.jpg
AH-1Zといえば、今年2018年の1月、読谷と渡名喜島で相次いで緊急着陸(不時着)がありました。
ほかにも、同じ月には汎用ヘリのUH-1Yが伊計島に不時着、その前の2017年12月にはCH-53Eの操縦席の窓が小学校に落下と、普天間を根城にする機体でトラブルが相次ぎました。
微細なトラブルをほったらかしにすると、大きな事故のもと。
安全に運用するための取り組みを紹介するのはいいことですね。

でも、日本語でも書いてーな。
全員が読めるとは限らないから。


2018年の普天間フライトラインフェア

陸軍のゲストは来てました。
futenmaflf2018-pac3mse-001.jpg
地対空ミサイルのPAC-3MSE。
2017年のホワイトビーチフェスティバルで公開され、「本当にMSEか?」と少し騒ぎになったアレです。
だって、メーカーや米軍から発射装置の写真がほとんど公開されてないからね。画像検索をしても、MSEではないPAC-3の写真が多く出るし、このミサイルの筒12本が載った発射装置の写真は、1枚を除いて沖縄での写真ばかり。
案内役の兵士も「MSE」とはっきり説明してるんですよね。もっと写真や映像をリリースしてもよさそうなのに。DVIDS(米軍の写真・映像公開ポータルサイト)で探してみるか。

futenmaflf2018-pac3mse-002.jpg
砂色のナンバープレートかと思ったら、部隊の表記でした。
「94TH AAMDC」は指揮部隊の「第94ミサイル防衛コマンド」。
「1-1 ADA」は所属部隊の「第1防空砲兵連隊第1大隊」。

futenmaflf2018-pac3mse-003.jpg
搭載しているミサイルは、もちろん実弾ではありません。
「INERT」(イナート)と書かれた模擬弾。

futenmaflf2018-pac3mse-004.jpg
模擬弾を収容した筒(キャニスター)の型番表記かな。



2018年の普天間フライトラインフェア。
アメリカ海兵隊から「F-35Bも来るよ」と発表があったものの、台風接近の影響なのかキャンセル。
さらにいつも参加する空軍機も不在。
(大型機だけでなく、F-15やF-22も東京の横田に避難した程)
展示は普天間の機体だけ…んなこたない。

futenmaflf2018-kc130j-001.jpg
KC-130Jが岩国から来たよ。
まあ、以前は普天間がベースだったし、岩国に移ったあともたまに訓練で沖縄に来るけどね。

futenmaflf2018-kc130j-002.jpg
ここに初めて来る人もいるはずなので、初心者向けに、かつ簡潔に説明すると、KC-130Jは物資の輸送や飛行機への空中給油をする機体。

futenmaflf2018-kc130j-003.jpg
この写真の右側の、主翼下にぶら下がってる物体からホースを出し、飛んでる機体に給油をします。
海兵隊の機体だとFA-18、F-35B、MV-22、CH-53Eに給油できます。

futenmaflf2018-kc130j-004.jpg
物資の出し入れは、機体のうしろから。開閉できるようになってます。
機内は今回は撮影不可だったので写真なし。


3年ぶり参戦の普天間フライトラインフェア。

futenmaflf2018-ch53e-001.jpg
こちらもオスプレイと並ぶ普天間基地の立役者、CH-53E。

さて、普天間のCH-53Eというと、ここ1年ネガティブな話が続いてますが
futenmaflf2018-ch53e-002.jpg
これが普天間第二小学校に落とした窓枠か(待て
安全管理は念入りにお願いします。

futenmaflf2018-ch53e-003.jpg
以前の写真はサイズが小さいので、撮り直し。
側面タンク上のセンサーにはカバー。

futenmaflf2018-ch53e-004.jpg
テール部分。

futenmaflf2018-ch53e-006.jpg
CH-53シリーズは汚れてナンボのかっこよさがあるような。

futenmaflf2018-ch53e-007.jpg
後継機のCH-53Kが普天間(あるいは辺野古)に来るのは、まだまだ先か。


普天間基地(飛行場)一般公開イベント「普天間フライトラインフェア」に行ってきました。
futenmaflf2018-001.jpg
…実は、行くのは2015年以来3年ぶりだったり。

2016年→6月開催予定が、直前に発覚した軍属による殺人事件の影響で中止、改めて9月に開催されたが、その日は東京に行ってた。
2017年→中止。

また、今年2018年はアメリカ海兵隊から「F-35Bも来る」とアナウンスされましたが、台風8号の影響なのかキャンセル。いつもなら来る嘉手納の空軍のみなさんもいないという展開。
機体展示エリアと屋台エリアの空間が「ここにKC-135やF-35Bがいるはずだったのか」と感じさせるものでしたが、雨模様だった2015年と違い晴天。暑い暑い。

まず、普天間に来たならこれを。
futenmaflf2018-mv22-001.jpg
MV-22。オスプレイですよ。
今回の展示は、“虎のマークの部隊”VMM-262のナンバー44。
国籍記号などがフルカラーな隊長機です。

futenmaflf2018-mv22-002.jpg
尾翼にはCH-46時代からおなじみの虎のマークですが…(裏面の縞模様もナイス)

futenmaflf2018-mv22-003.jpg
左の尾翼では、葉巻をくわえてます。
いいアレンジですが、たばこへの風当たりが強いご時世、よく思わない人もいるのかな?

3年ぶりなので、細部の写真も撮り直し。
futenmaflf2018-mv22-004.jpg
フラップと右エンジンカウル。

futenmaflf2018-mv22-005.jpg
左エンジンとローター。

futenmaflf2018-mv22-006.jpg
2015年の見物以降、名護東海岸沿岸での不時着(クラッシュ状態から墜落ともいえる)やオーストラリアでの墜落があり、またこいつを欠陥機と言う声が出てますが、そんなことを感じさせない程に注目されてました。


陸の軍隊が持つ、長距離攻撃手段のひとつ「榴弾砲」。
最近は既存の自走榴弾砲より低コストかつ移動速度・機動力を向上させるために、トラック車体に榴弾砲を載せる例が見られます。フランスの「カエサル」やスウェーデンの「アーチャー」が有名。

そんな榴弾砲が、日本でも「火力支援車」として開発が進められてました。
そして、「装輪155mmりゅう弾砲」として形になり、試作車が5月までに防衛省に納入されました。

防衛装備庁のサイトで公開された直後、落胆を含む反響が多くみられました。
その多くは
「なぜ重装輪回収車をなぜ使わない」
「見た目が悪い」
でした。

[姿を見せた「装輪155mmりゅう弾砲」と疑問点]の続きを読む
老朽化で動かせる数が減ってきたAH-1S。
いろいろ訳あって13機止まりになった上に事故で1機減ったAH-64D。
どうすんねん状態になっていた、陸上自衛隊の戦闘ヘリ(攻撃ヘリ)。

防衛装備庁が、次期戦闘ヘリコプターの選定に向けた「情報提供要求」の公告を出しました。
(乗りものニュースから 執筆:竹内修)

対空兵器の発達や、それに伴う戦場での生存性の変化など、攻撃ヘリを取り巻く昨今の情勢、日本の防衛における島嶼防衛重視、さらに限られた陸自の予算内でMV-22(オスプレイ)も導入となったことから、「陸自の戦闘ヘリ」にこだわらない代替手段も考えているのかな、と考えてました。無人機や、F-35Bとか。
でも、メーカーや商社向けに情報提供要求を出したことから、どうやら戦闘ヘリは要るという考えのようです。
ヘリを使った空中機動の護衛役という役割も大事。

ただ、限られた予算での調達となるので、今までのような、5つの方面隊すべてに戦闘ヘリ部隊というのは、難しいかもしれません。水陸機動団支援用と第1ヘリコプター団にはガチな戦闘ヘリ、それ以外は汎用性の高い武装ヘリという選択肢、あると思います。
上記の乗りものニュース記事内で、記事を書いた軍事ジャーナリストの竹内修さんは「川崎重工とエアバスヘリコプターズで共同生産してるBK117には対応の武装搭載キットがあるし、OH-6Dの後継も兼ねてこれもどうだ?」という提案をしています。ほかにもUH-60の活用とか。

なるほど、という感想。
観測ヘリとして使ってきたOH-6Dの後継として観測・偵察に特化したOH-1を開発・導入したけど、情勢の変化でOH-6Dの完全置き換えに至らないうちに生産終了。さらに観測特化の特性が今の状況ではしんどくなってきた事情もあります。
さて、どうなるか。


わかる人は当然でも、知らない人は知らない。どのジャンルでもあります。

さて、最近、道路上で陸上自衛隊の16式機動戦闘車を見た人が「戦車を示した見た」とツイートしたら、「それは機動戦闘車」と指摘リプが複数来るという出来事があったとか。

詳しくない人にとって、軍関係の乗り物は
「陸はみんな戦車」
「海はみんな戦艦」
「空はみんな戦闘機」
な認識であってもおかしくないです。
さすがに「戦艦」は兵器ジャンルとしての引退から年月が経ち、「軍艦」という代替ワードがあるので、使われる機会はぐっと減りました。でも、それ以外は聞きますねぇ。

さて、16式機動戦闘車。
あれ、見た目は「足まわりがタイヤな戦車」ですもの。口径の大きな砲を搭載していない装甲車ならともかく、あのビジュアルなら戦車と誤認してもおかしくないです。
教育部隊に続いて8師団と第14旅団に配備され、今後各地の部隊に導入され見る機会が増えるだけに、「戦車」の目撃話も同様に増えるはず。

いきなり間違いや認識を正そうとすると、マウンティングになりやしないか。
コミュニケーションの流れから説明にもっていくのが、理解を広める上でもいい方法じゃないかな。
軍事に限らず、どのジャンルでも。


那覇ハーリーの巡視船一般公開。2018年は「りゅうきゅう」
りゅうきゅうはヘリコプターを1機搭載できます。

plh09ryukyu-s76d-201805-01.jpg
そのヘリがこれ。
アメリカのシコルスキー製「S-76D」。

もちろん、任務に必要な装備を追加してます。
plh09ryukyu-s76d-201805-02.jpg 
前方監視カメラ。

plh09ryukyu-s76d-201805-06.jpg
右側には要救助者の吊り上げなどに使う装置。ホイストとも言います。
機体へ固定する部分が意外と細い。

plh09ryukyu-s76d-201805-03.jpg
左側はエンジンカバーをオープン。

plh09ryukyu-s76d-201805-04.jpg
後方から。
船の格納庫に収納する時は、メインローターを畳みます。

plh09ryukyu-s76d-201805-05.jpg
こいつのメインローター、下の面は黒だけど、上は赤と白の模様だね。


那覇ハーリーの巡視船一般公開。
2018年は「りゅうきゅう」

plh09ryukyu-201805-08.jpg
操舵室左側から前を見る。
前にいるのは、琉球海運の貨物船「かりゆし」。

plh09ryukyu-201805-09.jpg
操舵室内。

plh09ryukyu-201805-10.jpg
操舵室内から正面。手前の箱は20mmバルカン機銃。

[巡視船りゅうきゅうin那覇ハーリー2018(その2)]の続きを読む
海上保安庁の巡視船一般公開が戻ってきた那覇ハーリー。
2018年は

plh09ryukyu-201805-01.jpg
沖縄担当・第11管区で最大の「りゅうきゅう」が登場です。

【概要】
巡視船りゅうきゅう(PLH-09)
総トン数:3100t 全長:105m
最大速力:23ノット
2000年の就役以降、沖縄一筋。第11管区本部で初にして最新のヘリを搭載できる巡視船です。

[巡視船りゅうきゅうin那覇ハーリー2018]の続きを読む
2018年のホワイトビーチフェスティバル。
まだ出してないもの、出しちゃいましょう。

wb201804-burger.jpg
いきなりバーガーw
これは海軍の出店のやつ。買った状態は肉とバンズだけで、レタス、トマト、玉ねぎ、ケチャップ、マヨネーズはお好みで…なタイプ。
去年は「支払いは米ドルまたはクレジットカード」だったんですが、今回は円OK。

wb201804-mv22.jpg
オスプレイは人気者。

wb201804-87rcv.jpg
自衛隊も登場。87式偵察警戒車のほか、03式地対空誘導弾も来てました。

wb201804-kuroshima.jpg
展示ではありませんが、掃海艇「くろしま」
見張り役?の自衛官も「外側写真撮っていいよ」w

bonhomme-richard201804-18.jpg
ボノム・リシャールをバックに、ジェットスキーが走る。

bonhomme-richard201804-19.jpg
ボノム・リシャールの全体図。
これ、先にTwitterで公開したら、FNNプライムの「週刊安全保障」で採用されました。


4月14・15日開催のホワイトビーチフェスティバル。
艦船以外も見どころ。

wb201804-ah1z-01.jpg
攻撃ヘリのAH-1Z。
実物を見るのは初めてだったりする。だって最近普天間フライトラインフェア行けてないし。

wb201804-ah1z-02.jpg
海兵隊で従来使っていたAH-1Wの後継。
AH-1シリーズの愛称は「コブラ」ですが、このZ型は「ヴァイパー(Viper)」という愛称もあります。と言うか、だいたいZはヴァイパーと呼ばれます。

wb201804-ah1z-03.jpg
特徴的な形状の排気口。
奥の人だかりは、操縦席体験の行列。2017年に伊計島、2018年に読谷と渡名喜島で同型機の不時着(予防着陸)があって、嫌う人もいるかと思うが、そんな感じはどこへやら。

wb201804-ah1z-04.jpg
機首の20mm3連バルカン銃とセンサー。
センサーの窓は保護のため内側に回してます。

wb201804-ah1z-05.jpg
側面の武器。
穴だらけの円筒はロケット弾ポッド。その隣は対戦車ミサイルを搭載するランチャー。

wb201804-ah1z-06.jpg
エンジンカバーのエンブレム。
骸骨や拳銃はイメージしやすいが、トランプのエース4枚とはこれいかに。


4月のホワイトビーチフェスティバルから。

wb201804-pac3-01.jpg
アメリカ陸軍が持ち込んで展示した、パトリオットPAC-3。
弾道ミサイルを迎撃します。
所属部隊は第1防空砲兵連隊第1大隊(1-1防空大隊)。

さて、ホワイトビーチでパトリオットというと…
2017年のフェスティバルで展示された、同じ部隊のこれ。
wbfes2017_pac3mse01.jpg
開催直後にTwitterで「何だこれは?」と話題になりました。

そこで、案内役の兵士にこの写真を見せて聞きました。
「Last year Festival displayed. What is this?」

こたえ:「MSE」

やっぱり、PAC-3の改良型・MSEでした。


本国帰還前の“さよなら興行”?
アメリカ海軍強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」一般公開
@ホワイトビーチフェスティバル

強襲揚陸艦は、任務・作戦時は様々な飛行機(主にヘリ)を搭載します。
MV-22、CH-53E、UH-1Y、AH-1Z、AV-8B、F-35B…
ただ、それらは海兵隊と一緒に乗ります。
なので、普段使いのヘリは
mh60s-bonhomme-richard201804-01.jpg
MH-60Sという多用途ヘリ。
前のボノム見物ネタでも書いたけど、人員輸送やレスキューなど様々な任務で使います。

この公開日は格納庫内に2機、飛行甲板上に1機でした。
そのうち、飛行甲板で公開してた機体。胴体右側に吊るしていたロケット弾ポッドに…
mh60s-bonhomme-richard201804-02.jpg
「CVN73」

え?
CVN73というと、アメリカ海軍の軍艦の番号では、空母「ジョージ・ワシントン」。なぜここに?
借りてるまま?
移管したけど名前書き換えてない?
あるいは空母ジョージ・ワシントンではない別の意味のナンバー?(艦の番号だとアルファベットと数字の間にハイフンが入る)


2018年のホワイトビーチフェスティバル。
艦船一般公開。アメリカ代表は本国帰還前さよなら興行?の強襲揚陸艦でしたが、日本代表は?

asuka201804-01.jpg
レア物登場w
試験艦「あすか」。艦番号ASE-6102。1995年就役。
艦船で使う様々な装備のテスト・開発がお仕事です。

asuka201804-02.jpg
特徴は艦橋上のこの構造物。
空中の目標を捜すレーダーの機能を兼ねる射撃指揮装置の試験をしていたものです。のちに実用化され、「FCS-3」としてひゅうが型、「FCS-3A」としてあきづき型、「OPS-50」としていずも型、「OPY-1」としてあさひ型で実用化されてます。

asuka201804-03.jpg
当初試験していた射撃指揮装置のアンテナは撤去されましたが、現在は新しい多機能レーダーのテストをしている模様。後方の2枚のアンテナパネルがそれ。

asuka201804-04.jpg 
ボノム・リシャールの飛行甲板から。
近年は艦橋の前に新型対艦ミサイルの発射装置を載せていたらしいですが、撤去されてますね。
テストで装備の搭載・撤去が繰り返されるのも、試験艦の特色。

asuka201804-05.jpg
あすかの全体が撮れた。
桟橋からは様々な設備に邪魔されて全体が撮れなかった。