あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
空から富士山を見てみよう2023年10月
2024年/令和6年
いー正月でーびる
(写真は2023年10月に東京発那覇行の飛行機から撮った富士山)


[せめて年明けは明るく…が壊された2024年]の続きを読む
2023年・令和5年が終わります。

岡山・大阪遠征時の「空から見た写真」とともに振り返ってみますか


[2023年、どんな年]の続きを読む
18歳は現在の日本の法制度だと成人扱いになります。
(酒や煙草はNGだけどいろいろできるようになる)

さて、このサイトも開設から18年となりました。
※空母の甲板上ではありません、普天間基地です
“18”な何かあるかな…って最近普天間でEA-18G見たやんけw


[18周年…「大人のWebサイト」?ってことで]の続きを読む
岡山・大阪遠征の直前にスマホ機種変したので、大阪でちょっと試した。


[スマホのカメラ進化したねぇ(夜の難波で試す)]の続きを読む
ここの更新が止まってる間に
ピーチから見るピーチ@那覇空港
(ピーチの機内から見るピーチ@那覇空港)


[気分転換で初の岡山]の続きを読む
嘉手納基地アメリカフェストに来たF-15E・ストライクイーグル。
嘉手納基地に来たF-15Eストライクイーグル
この機体、色がかなり濃いグレー、てか黒に近い。


[シャッタースピードを変えてF-15Eを撮る]の続きを読む
あけおめ
ことよろ
ベルトラン賀正(モータースポーツ通じゃないとわからんネタやめろw)
空から白い砂のアクアトープ聖地巡礼(2021年9月)


[混迷の中でも光と楽しいことを見つけよう・2023年]の続きを読む
みなさまどんな1年でしたか?
戦争、暗殺、暗殺そっちのけの場外論争、ネガティブなニュースが多く感じたかと思います。

例のコロナ禍は変異株登場でまだ収まりませんが、社会をかなり動かせるようになってきました。いろんな「3年ぶり」があったかと思います。

M777榴弾砲
3年ぶりに普天間基地

CH-47登場
3年ぶりに那覇駐屯地

このF-15DJは綱引き相手役だったかな
3年ぶりに那覇基地

…どれも軍事絡みやないけw

あと個人的にはコロナ禍からさらに間があいてた
汽笛一声…の新橋SL広場
4年ぶりの県外

見通せないことが多いですが、少しでもよい年に。


東京行った時関係のネタでまだ出してないのがあるので

那覇空港離陸直後に見る具志から豊崎あたり
そうそう。空から見る沖縄ね。
1枚目は那覇空港A滑走路を離陸してすぐの豊見城方面。中央少し左側手前にバスが多数いるのが那覇バス具志営業所。このへん那覇市と豊見城市の境界。


[空からいろいろ見てみよう]の続きを読む
よう続いたな~、17年。
個人的に御内原で1番フォトジェニックなスポット
このサイト、開設17周年を迎えました。


[もう17年、まだ17年]の続きを読む
世界的な病魔がまだ落ち着かない中、ロシアの一方的言いがかりな軍事侵攻による戦争が発生しそれに絡むフェイクニュースも流れる。こりゃエイプリルフールも楽しめないやろな…と思ったら、仕込む所はしっかりネタを提供してくれました。

そんなエイプリルフールの笑える(一部問いかけ)、2022年に目についた諸々の記録。


[有事こそ笑いで心に余裕を:2022年のエイプリルフール]の続きを読む
あけおめ
ことよろ
ベルトラン賀正(モータースポーツ通じゃないとわからんネタやめろw)

2022年・令和4年
世界はどう転ぶのでしょうね。
沖縄は復帰50周年。いろいろ動きがあるでしょう。

いろいろ首を突っ込みつつ、楽しいネタもやったり。
今年も
2022年もゆっくりしていってね!!!
ゆっくりしていってね!!!


そろそろ2021年・令和3年が終わります。
しんどい時こそ、小さな輝きや幸せも沁みる
年末の那覇の夜とともに、振り返ってみましょうか。


[明けない夜はないと信じて、2021年の締めくくり]の続きを読む
さてTVの番組も年末年始な特番の頃合いですね。

そんな番組のひとつであろう、12月5日にフジテレビ系列で放送された「THE MANZAI」。いろんな芸人が出て笑わせてくれるのですが、ひとつ、爆弾というか厄介というか、見方を変えると「近年TVで見るのが希少な芸人」も出てるんですわ。


[商魂たくましいというか]の続きを読む
もう16年?まだ16年?
それはともかく、よう続いたな、
この写真に合うBGMを考えてみよう

「沖縄発・何でもあり」
開設16周年にございます。


[16周年なんですよね]の続きを読む
9月30日でCOVID-19/新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言とまん延防止措置の指定がすべて解除されました。
ニュースでは東京の期間の長さが注目されてましたが、沖縄は5月後半からずっと「緊急事態」だったし人口あたりの陽性数は東京より多かったんだぞ。
2021年6月の国際通り牧志エリア
(写真は2021年6月の国際通り牧志バス停付近。もちろん緊急事態宣言中)
当然観光客は激減。国際通りとその周辺は営業してない店があちこちに。休業状態から閉店に追い込まれた店もあります。


[「緊急事態」解除でも]の続きを読む

moblog_e642c41b.jpg
実は1回目済ませました。
(写真は今回ではない、2011年撮影)


[接種1回目、異変なし]の続きを読む
2021年7月4日の20時前から、ここが閲覧できなくなってました。
復旧は5日の8時台。

原因は、ここのサーバーとかのサービス提供元(FC2)がSSLの更新を忘れていた模様です。
安全な接続のためにSSLが定着しつつあり、FC2のblogでも推奨されてたのですが、そのSSLの期限が「2021年7月4日」までだったらしい。
で、FC2のblogでもSSL対応してたところが見られなくて、SSLしてなかったところは見られたのね。

今回の件で特にダメージなのが、サポートサイトも使えない件。
不具合が発生すれば障害情報やメンテの情報が載るサイトで状況を確認できるのですが、そのサイトがblog形式でSSL対応していたので見られませんでした。

とりあえず今回は
〇期限物のリマインダーを設定しておく
〇サポート情報の発信手段を別に用意する
って対策が要るかな。


ここでは久々の、NHK-FMの三昧シリーズ特番(今日は1日〇〇三昧)の話題。
2021年の大型連休(NHK関連なのでゴールデンウイークとは言わないw)の三昧、個人的な大当たりがありました。

5月1日 大黒摩季三昧
5月3日 スポーツアニメ三昧

今回は大黒摩季三昧に関して。
三昧シリーズはこれまでにも特定の歌手・グループをテーマにした回もやってきました。小田和正、美空ひばり、サザン、Official髭男dismなどなど。外国でもQUEENやローリングストーンズなど。
そこにね、本人出演で。摩季ファンの端くれとして嬉しいですよ。

で、番組内のトークでは昔話もあります。その中でZARDに関する話も出て…

「あれ?ZARD三昧やってなくね?」
これできるでしょ。出演者枠の1人は摩季ねぇでw(同じ所属事務所つながり)

そう考えると、三昧シリーズで特集やるのにふさわしいけどまだやってないミュージシャンが結構いるなと認識できるのです。外国勢でもマイケル・ジャクソンがまだだなー、とか。

ぱっと浮かんだのが「hide三昧」
命日が1998年5月2日。やるなら大型連休の時期しかないよね。今年の5月3日をスポーツアニメ三昧じゃなくてhide三昧にしてもよかったと思う位。
ただ、没後25年となる2023年まで待つ可能性もありそう。

hideの流れで連想したのは、やっぱり「X JAPAN三昧」
これは三昧シリーズの強味のひとつ「公共放送なのでCMが入らない」が生きてきますよ。Xは長い曲が複数あるからね。それをフルでオンエア。

Say Anything(約8分50秒)
Tears(10分越え)
Rose of Pain(11分越え)

中でも演奏時間約30分の「ART OF LIFE」。あまりにも長く、ラジオエディットと称する5分弱のバージョンもあるけど、三昧ならフルで攻めてほしい。
あと、構成も楽しめそう。
オープニングは「WORLD ANTHEM」
夕方ニュース休み前は「オルガズム」のライブver
夕方ニュース休み明けは「AMETHIST」
最後の曲は「X」のライブver

X JAPANと大黒摩季とZARDのベストアルバム
NHK、期待してるで~。


フェイクニュースへの風当たりや例の感染症に関するデマなどへの警戒から、2020年のエイプリルフールネタでの盛り上がりは例年より低調でした。
2021年のエイプリルフールも、引き続き低調だった感じ。
それでも、フェイクや例の感染症関連で迷惑をかけないように楽しませようとするネタはありました。
目についたものからいくつか。

ネーミングライツ


「岩下の新生姜」の社長が仕込んだネタ。なるほど、ネーミングライツか。
でもナゴヤドームの「バンテリンドーム」に勝てる名前は当面出てくるかといわれると?

怪レい臼本語


大型商業施設系のニュースサイト「都市商業研究所」のネタは、もはや国内で4店舗までに縮小したそごうが上海に…って、日本語が怪しいw

100本入り


エイプリルフールネタのはずが他社に実現された伝説のネタ「パリピ室内灯」を擁する鉄道模型メーカーKATO。今回は「長い直線線路100本入りセット」。サークルでの運転会向けによさそうだけど、現実は運転会のようなイベントも難しいわけで。








[勢いは落ちたか?2021年のエイプリルフール]の続きを読む