あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
関西に行ってる間に、Twitterの通知欄に

あなたが
「運動家目線に陥った人たち(嫌がらせに生きる人たち)」
のリストに登録されました

という通知が来ましてね。
はぁ?何言ってんの?ですよ。

リストの説明を見ると

被害者・被抑圧者目線を忘れているか悪用している人たち。
被害者・弱者の気持ちや置かれている立場を無視して机上論でのみ政治を騙る悲しい人たち。
差別煽動者。シニシズム ペシミスト。

で、登録されたアカウントを見ると、極左過激派・中核派の機関紙「前進」のYouTubeチャンネルとか、一部で知られる「ネトウヨの兄のデマを正す妹bot」とか、いわゆる自分とは真逆スタンスの面々がいっぱい。

でたらめも程々にせぇや、と。
うちがいつ運動家目線になってるのかと。
「その主張はわかる。でもな…」という自分の指摘・批判のスタイル、相手の主張を一旦受け止めることを「運動家目線に陥った」と認識してるのなら、節穴だろと。

それともあれか?
「沖縄の人」だからか?

このアカウント、以前も自分を「レイシスト」なんてリストに入れてるけど、でたらめに節穴と実に馬鹿げている。
かといって、まともにやり合うつもりもない。長いことツイートしてなくて「見てるだけ」状態のようだし、こっちから出かけたらそれこそ相手の思う壷。

レイシスト晒しとか言って晒し者にしてるつもりかもしれんが、そんなあんたがレイシストですよ、と。


地震と台風。1年で2つの災害に見舞われた大阪。
その痕跡を、空港から中心部への移動中に見ました。

2018typhoon21tsumeato.jpg
南海特急ラピートの車窓から。
関空から難波への道中、屋根にビニールシートをかけた家がありました。その数も、ちらほらというには少ないような。

船が衝突し関空の連絡橋が壊れるなど甚大な影響を与えた、9月の台風21号に続いて、沖縄で暴れた24号も関西を通過しましたから、復旧途上でまた壊れて…という所もあったのでは。

1日も早く、日常を取り戻せますように。


ごくたまーに登場、バスネタ。
okinawabus-20180923-nahabt01.jpg
開業前の那覇バスターミナル一般公開時に…

okinawabus-20180923-nahabt02.jpg
お、東陽バスのノンステップ車。

toyobus-20180923-nahabt01.jpg
東陽のノンステ車は、琉球バス交通も使っている、日野2代目ブルーリボンの長尺車。沖縄、琉球、那覇から遅れて2017年に登場してましたが、ようやくまともな写真を確保。

nahabt201809-30.jpg
イベントでの展示車と含めて、2枚もいければ上出来。


テニス「4大大会」のひとつ、全米オープンでのシングルス優勝、お見事。
そんな大坂なおみに、出自がどうとか叩く人がいたり、帰国後の記者会見で頓珍漢な質問があったり。

日本って、多様性への感覚は、まだまだ乏しいのかな。


実はですね、最近更新ペースが落ちてるなぁ、と。

月ごとのネタ(エントリ)本数を前年比で見ると
1月
2018年:40 2017年:45(-5)
2月
2018年:36 2017年:39(-3)
3月
2018年:39 2017年:42(-3)
4月
2018年:38 2017年:44(-6)
5月
2018年:38 2017年:48(-10)
6月
2018年:38 2017年:42(-4)
7月
2018年:37 2017年:42(-5)

かつては基本1日2本更新で月60本以上が当たり前でした。
それが月50本台、40本台ときて、今は2月以降30本台に。

Twitterを併用してるだけでなく、リアル(世を忍ぶ仮の姿)での事情や日々の疲労もありましてね。ネタを書くための情報収集の時間が限られ、少ない情報で早合点に近い状態になるようなことも。

かつてWebサイト(ホームページ)やblogでの更新頻度が高かった人が、TwitterやFacebook、Instagramなども使うようになり更新頻度が落ちたり、サイトやblogをやめる例もあります。

とりあえず、「1日2本更新」はやめて、品質も含めたバランスのとれた運用を模索してみようかな。
速報性はTwitterが優位だけど、ストック性や長文はサイト・blogが利点あるからね。沖縄再開発シリーズはTwitterでは難しい。


ちょっと前の話だが、某芸能人のInstagramをめぐる騒ぎ。

法律に触れる行為したわけでもないのに、謝罪どころか公開した写真を全削除に追い込むとか、どんだけやねん。意味わからん。

正義の味方のつもりか、他人の幸せが憎くて仕方ないのか。
そんなんで満足とかちっぽけやね。


光と、影。

水と、油。

同じ舞台に立つことはないと、言われ続けてきた。

(ここからBGMはモーツァルトの「レクイエム」推奨)
金正恩「ICBMの開発は最終段階」

トランプ「アメリカに届く核兵器開発が最終段階というが、それはない」

(相次ぐ弾道ミサイル発射試験)

北声明「朝鮮半島で戦争が起きれば、それは米国の責任」

(北朝鮮、アメリカの独立記念日にICBM試験)
トランプ「金正恩はほかにすることはないのか?」

金正恩「独立記念日の贈り物が気に入らないのだろうけど、送り続けてやろう」

トランプ「ロケットマン」

金正恩「前代未聞な気違いじみたラッパを吹いた。老いぼれには行動でわからせてやる」

トランプ「金正恩は明らかに狂っている」

金正恩「核のボタンは常に私の執務室の机の上にある」

トランプ「私も核のボタンを持っている。そしてそれははるかに強力で実際に機能する。誰か彼に教えてやってくれ」

巡り会っては、いけなかった。

(BGMここからサディスティックミカバンドの「黒船」推奨)

2人がたどり着いたのは、小さな島、シンガポール。

彼とは生き様が違うから。
昔と今は違うから。

彼とは信念が違うから。
勝負の世界でしか、生きられないから。

過去の因縁(韓国、日本、中国含む)、語り尽くせないという。

しかし、この男に油断をすると、世界の道がおかしくなる。

この男に敗れた時、祖父の代から国民に信じ込ませたことが嘘になる。

この世の平和へ、可能性を試す。

夜明け。答えは、出るのか。


って感じで、アメリカのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩党委員長の首脳会談への道を、2004年の総合格闘技PRIDE・小川直也vs吉田秀彦の煽りVの要領でテキストにまとめてみましたw
会談が決まって間もないころ、どこかの番組が小川vs吉田煽りVの冒頭部分のノリでまとめちゃうもんだから、せっかくなのでラストまでやってみた。

会談自体については、別で書く予定。


5月分のツイートまとめを作っていて、「これは別でまとめる方がいい」ってことで、こちらで紹介。


1990年代のTV番組「たけし・所のドラキュラが狙ってる」(毎日放送・TBS系全国ネット)の中の人気企画ですね。
それを沖縄の政治家でやったら?というよからぬ余興w
そして思いついた質問がこちら。

【国場幸之助の場合】
○西銘恒三郎が嫌いだ
○島尻安伊子が嫌いだ
○酒の話は嫌いだ
○政治家をやらずに國場組を継いだ方がよかったと思っている

【玉城デニーの場合】
○小沢一郎が嫌いだ
○谷亮子が嫌いだ
○国民民主党に移りたい
○立憲民主党に移りたい
○政治家をやらずにラジオDJを続けた方がよかったと思っている

【翁長雄志知事の場合】
○赤嶺政賢が嫌いだ
○糸数慶子が嫌いだ
○山城博治が嫌いだ
○琉球独立論寄りな人から距離を置きたい
○しまくとぅばの挨拶、最近飽きられてないか心配だ

我ながら「黒い」w


梅雨期間というのに、この降らなさ。

本島ではダム貯水率が50%を切り、座間味村(座間味島以外の有人島も村内にあるのでこの表記)では夜間断水が始まろうかという状態。

去年はAKB総選挙がパーになる位降ったというのにね。


セブンの蒙古タンメン中本を“密輸”して食べたネタを書いたが、あれ本当に行って買ったということで「世を忍ぶ仮の姿」で東京に行ってた記録。

akiba201805-01.jpg
ま た 秋 葉 原 か w
(その方が無難ともいう)
ヴァンガードの新シリーズの放送が始まるということで、その宣伝が目につきましたね。

akiba201805-02.jpg
中央通り側はFate/Stay nightに、ゲームもまだまだ元気なラブライブ。

akiba-gochiusa201805.jpg
アニメやゲームとのコラボに積極的な、秋葉原の駅ビル。
この時は「ご注文はうさぎですか?」
ぴょんぴょんしないが、一応記録。


那覇ハーリー2日目の、巡視船見物ついでに船見物。

marua-ryukyuexp2-201805-01.jpg
マルエーフェリーの「琉球エキスプレス2」。
巡視船りゅうきゅうの船上から。

marua-ryukyuexp2-201805-02.jpg
こちらは桟橋側から。

rkk-miyarabi-201805-01.jpg
琉球海運の「みやらび」。2代目なので「みやらびⅡ」とも表記されます。

churashima-ryukyuexp5-201805-01.jpg
奥の方。左側は琉球海運の「ちゅらしま」、右はマルエーフェリーの「琉球エキスプレス5」。
手前の貨物船は…知らん。

rkk-kariyushi-201805-01.jpg
琉球海運の「かりゆし」。
ハーリー出場チームの応援横断幕つき。

nansei-yonemaru-201805.jpg
ハーリーの船(爬龍船)の体験乗船を横目に入港した、南西海運のコンテナ船「よね丸」。


また出たな。
沖縄排斥と、自分を基地反対派と決めつけて出鱈目や嘘でっち上げで攻撃コメントしてくる輩が。

放置してたんだけど、それでも続くからね。一応注意喚起。

そして、またでしたね。
ログを見たら、北海道のOCNを示す文字列。同一人物かは特定できませんが、もうかれこれ5年位なりますかね。
文字列内の数字がランダムで変わるので、ブロックするなら「北海道のOCN」またはOCNを完全遮断しないといけないレベル(これも何回書いたか)

書いた内容の捏造・歪曲・改竄は当たり前(森友文書がかわいく思える程)、テロリスト扱いとか、自分が逮捕されたというデマも書く程。
コメント欄に来る人も攻撃対象。ただ、コメントした人を沖縄の人と決めつけて暴言吐いたら、県外の人で返り討ちに遭ったというオチも。
まったく、ネトウヨでもここまで酷いのはなかなかお目にかかれない。
ホスト名が北海道のOCNとはいえ、ネトウヨになりすまして沖縄の基地容認の人を叩く目的という可能性も拭えない。

当面、要注意。


2018年・平成30年のエイプリルフールネタはどうだったか。
ナイスなネタをレビュー。

【文字の色でわかっちゃう】
「ポプテピピック」という名前を出さなくても、文字の色と言葉使いでわかっちゃうw
2018年のエイプリルフールネタのトレンドなのか、ポプテピピックの要素を取り入れた作品がいくつかありました。

【一見やれそうだけど】
ジェットスターが繰り出したのはカラオケフライト
一見実現できそうだけど、効率重視のフライトなLCCでは、このために機材をやりくりというのは難しそう。
とはいえ、ジェットスターやピーチは遊び心があるから、夢を持たせてくれる

【こんてな】
鉄道模型のコンテナを和菓子に見立てるセンスw

◆ニンジャな◆
数々のネタにアンブッシュしていたニンジャが出て殺す!
実際かっこいい。

【沖縄の人以外意味わからん】
「スマートヒヌカン」はセンスがいい。
しかも4月2日以降は「香炉に灰が入らない致命的欠陥のため開発中止」とオチまでつけたw

【こいつら前科あり】
2017年のエイプリルフールに「実物大の旧海軍の水上機(瑞雲)を作る」とネタをかましながら実現させちまった艦これだぞ。1/20戦艦日向、やりかねんw
(ちなみに呉の大和ミュージアムにある大和は実物の1/10)



今年もエイプリルフールネタはお休み。

ネタの発想もさることながら、また沖縄排斥コメントの輩が出てきたからな。


米軍関係の写真・動画共有サイト「DVIDS」で公開された、アメリカ海兵隊の新しい携帯無線機の写真がTLに流れてきたんですが


アンテナらしきものの形状が

吉本新喜劇の「ドリルすんのかいせんのかい(乳首ドリル)」用の棒に見えて仕方ないw

※アンテナに相応の目的があることは理解した上での小ネタ。


沖縄再開発シリーズのこのネタの調査日の夜。
「あ、こんなものが」な1枚が撮れたので。
kumoji20171229ryushin-times.jpg
写真中央のパレットくもじを挟んで、左端に建設中の琉球新報の新本社ビル。右端には2012年に完成した沖縄タイムスの本社ビル。

どちらもかつての本社所在地に戻る形。
ただし、建物が高く大きくなったので、両方がはっきり見えるようになった、と。


スマホのカメラ、露出やホワイトバランス、シャッター速度などをいじれるもんだから、夜の国際通りで試してみた(2017.12.12撮影)。

nightphoto20171212-01.jpg
あーこれこれ。この感じ。

nightphoto20171212-02.jpg
バスが通ったとこ。

まだいろいろ試せそう。


「あけおめ」
「謹賀新年」
「ベルトラン賀正」

…何か変なの出たw

というわけで、2018年・平成30年もゆたしく御願ぇさびら。
e655-05.jpg
旗日なので縁起物を添えて。


2017年・平成29年。残りわずかとなりました。

nahabt201701-01.jpg
1月

ryushin-izumizaki201712-07.jpg
12月
時が流れれば、こんなに変わる。

58510-500-03.jpg
鉄道模型も相変わらずばりばり。

syukananzenhoshou201710-09.jpg
有名人ともエンカウント。

これで年内最終更新。
いい新年をお迎えできますように。



クリスマスの前夜に
churaair2017-projection01.jpg
緊張の最前線からお届け物。
航空自衛隊那覇基地「美ら島エアーフェスタ」初日の夜、プロジェクションマッピング。

churaair2017-projection02.jpg
ウミガメとF-15の競演。

初日展示の終わり際に、夜の展示を楽しむのも乙なもので。
churaair2017-f15j-22-8933-204sq-1209-night.jpg
幻想的なF-15。

churaair2017-f2-1209-night.jpg
夜のF-2は美しい。