あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
名護や石垣と比べたら地味だよなぁ。
でも、県内自治体人口では沖縄2番手なので、2018年の「沖縄選挙イヤー」の中ではそれなりに要所。沖縄市長選。

立候補は届出順で
諸見里宏美(もろみさと・ひろみ)社民、共産、社大、自由、民進、希望推薦
桑江朝千夫(くわえ・さちお)現職:自民、公明、維新推薦

構図は名護市長選と類似。
自民・公明・維新vs「オール沖縄」+民進・希望
ここで諸見里側が当選すれば、ネガティブニュースの連続だったオール沖縄にとって一筋の光となる可能性もあります。しかし、名護市長選以降綻びが露呈し亀裂も見えてきた今、選挙運動をどれだけ結束してできるのかも疑問。






本国帰還前の“さよなら興行”?
アメリカ海軍強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」一般公開
@ホワイトビーチフェスティバル

飛行甲板に出ました。
bonhomme-richard201804-13.jpg
ひろーい。

bonhomme-richard201804-14.jpg
甲板の左側にある黄色の線。
ハリアーやF-35Bが発進(発艦)する時の滑走用の印です。
その隣の縦と斜めの白線は、ヘリの発着艦用の目印。数字もついており、撮影地点のスポットは「4」。

bonhomme-richard201804-17.jpg
右舷後方にある、航空機格納庫へのエレベーター。

bonhomme-richard201804-15.jpg
操舵室などがある艦橋。空母と同様、右側に寄ってます。
手前の箱は自衛用の対空ミサイルの発射装置(RAM)。

bonhomme-richard201804-16.jpg
艦橋を後方から。
レーダーやアンテナの密集が、メカ感あっていいですね(ステルスや性能など最新の実用性としては別だが)。


四半期恒例のアニメ語り。
オタクと言うには程遠いけど、そこそこ目についたものを。

2018年1月期は、久々に見る作品が多いクール(番組編成の基本単位の3か通路)だったなぁ。

【ポプテピピック】
自身で「クソアニメ」と言っておいて、やってることがいちいち本気。
全編フランス語(ティポさんコーナー)や全編英語(9話)どころか、全編ウチナーグチ(9話)。様々なクリエイターの起用(砂絵、フェルト人形、AC部など)。
無数のパロディの嵐。フェルト人形でアースウインド&ファイヤーの真似事やったり、11話の火サスのノリとか最高。
30分枠内で15分+再放送という構成で、再放送も含めてメインキャラ声優がすべて違うというのも面白い。12話×再放送で24通りのポプ子とピピ美がいた。自分は5話再放送の中村悠一&杉田智和組が最高。本編途中に突然フリートーク始めるんだものw
「ここからが長いんだよね」「長いねぇ」
「首だけじゃなく尺も長い」「伸びるねぇ」
「○畑○三郎のOPこんな感じたったでしょ?」
「ここ、プロデューサーの名前入ったりして」
「あとでテロップ重ねるんじゃない?」(本当に重ねた)wwww

【ラーメン大好き小泉さん】
うん、飯テロ。マニアック。
実在店舗いっぱい出てくるし。蒙古タンメン中本に至っては白根社長本人出演w
EDの映像が歴代レトルト・カップ麺CMというのもポイントが高い。

【博多豚骨ラーメンズ】
博多を「人口の3%が殺し屋」の街にする無茶苦茶さはどこへやら。殺しはあるけど、みんな博多好いとうね。林もなんだかんだ言って馴染んでるし。

【宇宙よりも遠い場所】
文部科学省、海上自衛隊、国立極地研究所と協力面子がガチ。
11話と12話はガチ。

【Fate/EXTRA】
ストーリーよりも「シャフトが解釈するFateシリーズ」という面が気になった。

【続・刀剣乱舞花丸】
左文字や虎徹、粟田口などの派ごとに光を当てていくのは、2期で初めて見る人に優しい構成。
2017年の「活劇」を見たあとだと、同じ刀剣男士でも描写が結構変わってるね。特に三日月宗近、鶴丸国永、大典太光世。ここも見る上での楽しみどころ。
最後は極の旅に出ていた大和守も帰ってきて大団円…って、大和守は旅の途中で現代に立ち寄っていたのかw(補足:刀剣乱舞の時代設定は西暦2202年)

【スロウスタート】
高校入試のタイミングでおたふくかぜ、リアルで発生したらどうなるのか。救済はあるのか。そこを考えさせられる。

【刻々】
世界観の理解が難しかったのかな、あまり話題になってない印象。
でも自分は楽しめたな。

【ゆるキャン△】
1月期作品の中で“伏兵”はこれ。予想外。はまった。
絵がいい。突然\あつい/\つかれた/と喋る無機物がいい。NHKの「小さな旅」あたりでそのまま使えそうな劇中曲がいい。


本国帰還前の“さよなら興行”?
アメリカ海軍強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」一般公開
@ホワイトビーチフェスティバル

bonhomme-richard201804-09.jpg 
車両収容区画から、スロープを上がると

bonhomme-richard201804-10.jpg
航空機格納庫。
実は、この格納庫、フネの大きさの割には小さいんです。全長257mの半分もありません。
アメリカ海軍では、強襲揚陸艦の搭載機は基本的に飛行甲板に載せていて、格納庫は主に整備で使っているとのこと。

bonhomme-richard201804-11.jpg
格納庫の中には、ヘリが2機。1機は公開エリア外でメンテ中。もう1機が、この星条旗をバックに展示されてました。

bonhomme-richard201804-12.jpg
展示されていたヘリは、MH-60S。
人員の輸送やレスキューなど様々な用途で使われます。

え、オスプレイやCH-53はいないのかって?
あれは海兵隊の部隊と一緒に乗るの。


4月14・15日はアメリカ海軍&海上自衛隊基地・ホワイトビーチの一般公開イベント「ホワイトビーチフェスティバル」。
2017年に続いての参戦。前回の一般公開艦船は
日本:護衛艦「せんだい」
アメリカ:掃海艦「チーフ」
と、ちっちゃい艦でした。それが、2018年は…

bonhomme-richard201804-01.jpg
強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」
えらい大物が来ちゃったよ。

強襲揚陸艦とは、地上部隊を輸送し上陸させる揚陸艦の中でも、ヘリなどを使い空からも大規模な部隊を上陸させることができるものです。
今回公開されたアメリカ海軍の強襲揚陸艦ボノム・リシャールは、これまで佐世保を本拠地に活動してましたが、交代する「ワスプ」が佐世保に到着、入れ替わりで本国に戻ります。本国帰還前の一般公開の舞台が、ホワイトビーチフェスティバルとなりました。

[ホワイトビーチに来たのは…すごく、大きいです]の続きを読む
いよいよですねぇ。
ryushin-izumizaki201804-01.jpg
琉球新報の新本社ビル。

ryushin-izumizaki201804-02.jpg
(すべて2018.4.12撮影)
下の衝立が撤去され、1階もよく見えるようになりました。
左端を見ると、隣の沖縄バス本社よりも引っ込んだ位置にあり、歩道・公開空地スペースを広くとっていることがわかります。

ryushin-izumizaki201804-03.jpg
やはり1・2階のオープンスペースを大きくとってました。
先にビルを完成させた沖縄タイムスが、そのスペースを生かして様々なイベントをやってるのを意識してるのかな。

ryushin-izumizaki201804-04.jpg
駐車場と従業員用裏口?

[【沖縄再開発】琉球新報新本社ビル(2018.4)]の続きを読む
こんな展開になるとはね。

人間ドックのはずが数日入院となった、沖縄県の翁長知事。膵臓に腫瘍が見つかり4月中に摘出手術。
腫瘍が良性か悪性かは摘出後に検査しないとわからないし、悪性、さらにがんだったら一大事。
翁長知事は2006年に胃がんの摘出手術をしているが、転移の可能性は低いと。

政策や主義主張で違いはあれど、快方に向かってほしいところです。

とはいえ、知事の健康面で不確定要素が出た今、沖縄の政治界隈は騒がしくなりそうです。
特に翁長知事を支持してきた「オール沖縄」側。金秀の会長やかりゆしグループが離脱した局面で、この出来事ですからね。今年2018年は知事選がありますが、翁長知事が進退に言及していないこともあり、「新基地県民投票」の論争に加えて「どうすればいいんだ」というところでしょうか。

摘出手術の検査結果が出る時。
騒ぎは収まるのか、拡大するのか。
あるいは、それより前に何かが動くのか。


以前、美栄橋駅から見えた光景。
miebashi201706.jpg

それが今は
miebashi-hotel201804-07.jpg
(2018.4.12撮影)

どういうことか。
ホテルの建設が決まったんですよ。

miebashi-hotel201804-01.jpg
撮影時は更地になっているだけでなく、起工式か安全祈願祭の準備らしきテントも設置。

miebashi-hotel201804-02.jpg
全体の引きの絵。
完成予想図を見ると、ここは裏側かな。

miebashi-hotel201804-04.jpg
駅前側からだと、こんな感じ。

miebashi-hotel201804-05.jpg
このあたりがエントランスになるのか?

ところが、この一角には
miebashi-hotel201804-06.jpg 
古い墓があります。

miebashi-hotel201804-03.jpg
墓を別アングルから。
どうするのかな?

miebashi-hotel201804-08.jpg
美栄橋駅の2階通路から。

miebashi-hotel201804-09.jpg
美栄橋駅のホームから。
ここの周辺も、JR九州やアクアチッタなどホテルが増えてきましたね。


青い防護ネットに覆われ、進捗がなかなか見えない那覇バスターミナル。
nahabt201804-01.jpg
9月末開業と発表されたけど、間に合うのか?という感じ。
(なお県立図書館の移転は12月)

とはいえ
nahabt201804-02.jpg
いくつもの平面が織り成す幾何学的造形を味わうのもまた善き哉。

nahabt201804-03.jpg
この全景、よく見ると。

nahabt201804-04.jpg
旭橋駅に近い側に、2階と地上をつなぐ曲線な階段を作ってます。

nahabt201804-05.jpg 
階段側に寄ってみる。
駅とはどうつなぐ?

nahabt201804-06.jpg
9月開業なのにこれで大丈夫か?という感じもするが、近くで作ってる琉球新報のビルの進捗と比較すると、間に合う可能性はあるかな。


最近、部屋を整理していたら、こんなものが出てきました

1974mbsdiary.jpg
'74DIARY MBS

MBS?
何で毎日放送のアイテムがここに?
しかも生まれる前の1974年。

どうやら、親が大阪にいた頃に使っていたものらしい。しかし、放送や広告業界の仕事はしてないのに、どのように入手したかは記憶にない模様。

とりあえず、見てみましょう。
1974mbsdiary-02.jpg
1年分のカレンダーの隣には、かつてのMBSの拠点、千里丘放送センターの鉄塔と日の出?日没?
TVの4チャンネルは今も同じですが…
TVのコールサインは「JOOR-TV」(今はJOOR-DTV)
ラジオの周波数は「1210kHz」(今は1179kHz)

最初のあたりには、番組の写真もあります。
1974mbsdiary-tv01.jpg
テレビは2ページ。

1974mbsdiary-tv02.jpg
「ダイビングクイズ」や「アップダウンクイズ」、懐かしい人もいるのでは。
真ん中の白ジャケットの人、もしかして桂三枝(現:桂文枝)?
だとしたら…「ヤングおー!おー!」?
ゴルフの中継席のMBSのロゴがかなり昔なんですけど。

1974mbsdiary-tv03.jpg
選抜高校野球もありますね。

1974mbsdiary-radio.jpg
ラジオはこんな感じで1ページ。
「ヤングタウン」は今も続いてるようです。

[「1974年毎日放送ダイアリー」を掘り出す]の続きを読む