あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
セブンの蒙古タンメン中本を“密輸”して食べたネタを書いたが、あれ本当に行って買ったということで「世を忍ぶ仮の姿」で東京に行ってた記録。

akiba201805-01.jpg
ま た 秋 葉 原 か w
(その方が無難ともいう)
ヴァンガードの新シリーズの放送が始まるということで、その宣伝が目につきましたね。

akiba201805-02.jpg
中央通り側はFate/Stay nightに、ゲームもまだまだ元気なラブライブ。

akiba-gochiusa201805.jpg
アニメやゲームとのコラボに積極的な、秋葉原の駅ビル。
この時は「ご注文はうさぎですか?」
ぴょんぴょんしないが、一応記録。


那覇ハーリー2日目の、巡視船見物ついでに船見物。

marua-ryukyuexp2-201805-01.jpg
マルエーフェリーの「琉球エキスプレス2」。
巡視船りゅうきゅうの船上から。

marua-ryukyuexp2-201805-02.jpg
こちらは桟橋側から。

rkk-miyarabi-201805-01.jpg
琉球海運の「みやらび」。2代目なので「みやらびⅡ」とも表記されます。

churashima-ryukyuexp5-201805-01.jpg
奥の方。左側は琉球海運の「ちゅらしま」、右はマルエーフェリーの「琉球エキスプレス5」。
手前の貨物船は…知らん。

rkk-kariyushi-201805-01.jpg
琉球海運の「かりゆし」。
ハーリー出場チームの応援横断幕つき。

nansei-yonemaru-201805.jpg
ハーリーの船(爬龍船)の体験乗船を横目に入港した、南西海運のコンテナ船「よね丸」。


また出たな。
沖縄排斥と、自分を基地反対派と決めつけて出鱈目や嘘でっち上げで攻撃コメントしてくる輩が。

放置してたんだけど、それでも続くからね。一応注意喚起。

そして、またでしたね。
ログを見たら、北海道のOCNを示す文字列。同一人物かは特定できませんが、もうかれこれ5年位なりますかね。
文字列内の数字がランダムで変わるので、ブロックするなら「北海道のOCN」またはOCNを完全遮断しないといけないレベル(これも何回書いたか)

書いた内容の捏造・歪曲・改竄は当たり前(森友文書がかわいく思える程)、テロリスト扱いとか、自分が逮捕されたというデマも書く程。
コメント欄に来る人も攻撃対象。ただ、コメントした人を沖縄の人と決めつけて暴言吐いたら、県外の人で返り討ちに遭ったというオチも。
まったく、ネトウヨでもここまで酷いのはなかなかお目にかかれない。
ホスト名が北海道のOCNとはいえ、ネトウヨになりすまして沖縄の基地容認の人を叩く目的という可能性も拭えない。

当面、要注意。


2018年・平成30年のエイプリルフールネタはどうだったか。
ナイスなネタをレビュー。

【文字の色でわかっちゃう】
「ポプテピピック」という名前を出さなくても、文字の色と言葉使いでわかっちゃうw
2018年のエイプリルフールネタのトレンドなのか、ポプテピピックの要素を取り入れた作品がいくつかありました。

【一見やれそうだけど】
ジェットスターが繰り出したのはカラオケフライト
一見実現できそうだけど、効率重視のフライトなLCCでは、このために機材をやりくりというのは難しそう。
とはいえ、ジェットスターやピーチは遊び心があるから、夢を持たせてくれる

【こんてな】
鉄道模型のコンテナを和菓子に見立てるセンスw

◆ニンジャな◆
数々のネタにアンブッシュしていたニンジャが出て殺す!
実際かっこいい。

【沖縄の人以外意味わからん】
「スマートヒヌカン」はセンスがいい。
しかも4月2日以降は「香炉に灰が入らない致命的欠陥のため開発中止」とオチまでつけたw

【こいつら前科あり】
2017年のエイプリルフールに「実物大の旧海軍の水上機(瑞雲)を作る」とネタをかましながら実現させちまった艦これだぞ。1/20戦艦日向、やりかねんw
(ちなみに呉の大和ミュージアムにある大和は実物の1/10)



今年もエイプリルフールネタはお休み。

ネタの発想もさることながら、また沖縄排斥コメントの輩が出てきたからな。


米軍関係の写真・動画共有サイト「DVIDS」で公開された、アメリカ海兵隊の新しい携帯無線機の写真がTLに流れてきたんですが


アンテナらしきものの形状が

吉本新喜劇の「ドリルすんのかいせんのかい(乳首ドリル)」用の棒に見えて仕方ないw

※アンテナに相応の目的があることは理解した上での小ネタ。


沖縄再開発シリーズのこのネタの調査日の夜。
「あ、こんなものが」な1枚が撮れたので。
kumoji20171229ryushin-times.jpg
写真中央のパレットくもじを挟んで、左端に建設中の琉球新報の新本社ビル。右端には2012年に完成した沖縄タイムスの本社ビル。

どちらもかつての本社所在地に戻る形。
ただし、建物が高く大きくなったので、両方がはっきり見えるようになった、と。


スマホのカメラ、露出やホワイトバランス、シャッター速度などをいじれるもんだから、夜の国際通りで試してみた(2017.12.12撮影)。

nightphoto20171212-01.jpg
あーこれこれ。この感じ。

nightphoto20171212-02.jpg
バスが通ったとこ。

まだいろいろ試せそう。


「あけおめ」
「謹賀新年」
「ベルトラン賀正」

…何か変なの出たw

というわけで、2018年・平成30年もゆたしく御願ぇさびら。
e655-05.jpg
旗日なので縁起物を添えて。


2017年・平成29年。残りわずかとなりました。

nahabt201701-01.jpg
1月

ryushin-izumizaki201712-07.jpg
12月
時が流れれば、こんなに変わる。

58510-500-03.jpg
鉄道模型も相変わらずばりばり。

syukananzenhoshou201710-09.jpg
有名人ともエンカウント。

これで年内最終更新。
いい新年をお迎えできますように。



クリスマスの前夜に
churaair2017-projection01.jpg
緊張の最前線からお届け物。
航空自衛隊那覇基地「美ら島エアーフェスタ」初日の夜、プロジェクションマッピング。

churaair2017-projection02.jpg
ウミガメとF-15の競演。

初日展示の終わり際に、夜の展示を楽しむのも乙なもので。
churaair2017-f15j-22-8933-204sq-1209-night.jpg
幻想的なF-15。

churaair2017-f2-1209-night.jpg
夜のF-2は美しい。


ここで出す写真は、撮影後に微調整をするんだけど、撮影時にカメラの設定を変えて撮ったらどう変わるのか。
那覇基地美ら島エアーフェスタで、試してみました。
スマホのカメラ&内臓の画像編集アプリです。

【1】まずは普段の設定で撮影。
churaair2017-test1std-01.jpg

【2】1の写真の彩度上げ。
churaair2017-test1std-02.jpg

【3】ホワイトバランスをいじって、黄色寄りにして撮影。
churaair2017-test2yellow-01.jpg
撮影時は陽の傾いてきた頃合いなので、夕方感を。

【4】3の写真の彩度上げ。
churaair2017-test2yellow-02.jpg
黄色感が強調される。

【5】4の写真にプラス自動調整。
churaair2017-test2yellow-03.jpg
戦闘機と雲のグレーが、フィルター的に乗っかった感じ?

【6】ホワイトバランスを、青寄りに。

churaair2017-test3blue-01.jpg

【7】写真6の彩度上げ。
churaair2017-test3blue-02.jpg
青味が増しただけでなく、雲の切れ間の光が強調されたような。

【8】7の写真に、加えて露出を少し上げて。
churaair2017-test3blue-03.jpg

見たままを切り取る写真と、魅せる写真。
エモいを楽しもう?w


季節の便り

kumoji20171117.jpg
那覇市久茂地のイルミネーション点灯式。

ただし、この時大雨。セレモニーは軒下。


地上波初放送のシン・ゴジラ。盛り上がったようですね。

さて、作中でのTVのニュースは「本物」を使ってましたね。羽田沖での初発見はNNNストレイトニュース(日テレ)だし、みんなのニュース(フジ)やスーパーJチャンネル(テレ朝)も登場。臨時ニュースの枠はNHKに各キー局使用。
ですが、東京が蹂躙されてそれどころでなくなります。

そこで、軽く頭の体操。
「シン・ゴジラの世界で、全国大手マスメディアはどうなってしまうのか」
ほら、日経電子版も放送時にこんなツイートしてますし。

まずはシン・ゴジラ劇場上映1年前時点でのNHK、民放TV・AM/FMラジオキー局、全国紙の東京本社、通信社の本社の所在地をおさらい。

朝日新聞:築地
読売新聞:大手町
毎日新聞:竹橋
産経新聞:大手町
日経:大手町
共同通信:汐留
時事通信:銀座5丁目
NHK:渋谷
日テレ:汐留
TBS:赤坂
フジ:台場
テレ朝:六本木
テレ東:虎ノ門(神谷町)
文化放送:浜松町
ニッポン放送:有楽町
TOKYOFM:半蔵門

それでは、ロールプレイング開始。

[「シン・ゴジラ」世界で全国大手マスメディアはどうなってしまうのか?]の続きを読む
ここ数年、分別つけずに沖縄を敵視する輩がここのコメント欄にもTwitterにも出ていてですね。時には何の根拠もなく、自分を「反基地活動家」「テロリスト」「カルトの手先」と言いふらすこともありました。

それがね、自分が「逮捕された」ですってよ。
commentshot20171110_1847.jpg
流行語大賞を扱ったネタのコメント欄に、公務執行妨害で逮捕された自称アーティストの反基地活動家が「お前だろ」と来てるわけです。

この「自称アーティストの反基地活動家が、公務執行妨害で逮捕」の件は、11月9日に沖縄県名護市で発生した事件のことです。
キャンプ・シュワブでの普天間基地代替施設(辺野古新基地)に対して、現地の名護市辺野古で抗議してる反対派のうちの1人が、警備中の警察官から誘導用を棒を取り上げたことで、公務執行妨害と窃盗で逮捕されました。

逮捕された人は、「大袈裟太郎」という名前で活動してる人です。自分ではありません。
実際、大袈裟さんは釈放後にこのようなツイートをしてます。

逮捕された当人がTwitterのアカウントも持っているのに、それをほったらかしにして自分を容疑者扱い・犯罪者扱いとは、呆れるわ。

それに、この犯人扱いコメントが書き込まれたネタ(エントリ)は、9日午前の大袈裟さんの逮捕から、10日夕方の釈放(上記ツイートの時間帯から推測)までの時間帯に書いたもの。
blogだと時間指定投稿もできるだろ、という指摘できそうですが、その時扱った流行語大賞のノミネートは、大袈裟さんが拘束されてる間に発表されてます。
さらに言うと、その大袈裟さんが拘束されている時間帯に、ツイートも複数しています。
警察署の拘置部屋から、どうやってサイトの更新やツイートができるのかと。

おい、大概にしろよ。
名前欄まで罵詈雑言書き連ねて、出鱈目流すんじゃねぇぞ。


Twitter操作用外部クライアントのひとつ「ついっぷる」が、10月末でサービス終了とのこと。
あー終わるのかー…という感覚ですが、これがなかなか大変。
自分のツイートの写真アップでは、2010年5月の運用開始以降ついっぷるを使ってたので、写真のサルベージと、元ツイートとの紐付け作業で忙しいw

基地イベントレポや模型いじりだけでなく、沖縄差別なリプの晒し上げもあるからな。


10月25日の琉球新報の投書欄に、「何じゃこりゃ」な投書があって、それを先にTwitterの方で取り上げました。


いやぁ強烈。事実を語ろうにも、言葉によっては妄想にしか感じられないという例ですね。

ところが…
20171026comment-nankuse.jpg
そのツイートを切り取って、さも自分が言ったかのようにして難癖つけてくるコメント。しかも農連市場を見物したネタに。記事内容にないことを突然このように書かれたら、Twitterを読んでない人には意味不明。

やれやれ。この手の妄想や歪曲をしてまで難癖つける輩に粘着されて数年経つけど、しつこいね。

文句を言う相手を間違えてますよ。


上野マルイで

uenomarui-gintama.jpg
銀さん何してはるんですかw


南浦和駅で見つけた何か。

minamiurawa-hana.jpg
「すべての人の心に花を」

沖縄視点だと「喜納昌吉かよ!」と思ってしまうわけで。


2017年の沖縄
AKB総選挙は大雨。
衆議院の総選挙は台風。

どうなってんですかw
てか、AKBの方は投票は済んでて当日は結果発表なんだけど、衆院はこの日に投票&開票。投票する側も投票・開票所職員も厄介ですわ。