あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
メモなどいろいろ
【何でもありTwitter駐屯地】
こちらでやってます。フォロー大歓迎。

【普天間の話】※外部blogも含む
沖縄が絶望のどん底に落とされないために。現実的な落としどころを探り理解するるための一助となれば幸いです。
「普天間」でこのサイトを検索(一部まったく関係ないネタも混入してます)
「週刊オブイェクト」の普天間関連記事
「リアリズムと防衛を学ぶ」の「防衛入門, 「抑止」ってなんだ?」←抑止の基本がよくわかります。

【おしらせ】
○スパムblogだな、とおぼしきトラバは削除するかも

-->
ゆっくりしていってね!!(コロナ落ち着いたら)
ツイートの月間ダイジェスト「ツイまとめ」
2021年2月分だよ

その頃、緊急事態宣言中。

モルカー流行ってますね~。
ちなみにゾイドのモルガは芋虫みたいな形。

COCOAどこ?私は誰?

とはいえ、ニューヨークや英国の方は「ズ」なんだよね。
「トゥーナー」「ワーラー」みたいな沖縄的英語感覚なのかな?

絵本や映画が優れた作品でも、自身で価値を下げてる。そんな胡散臭さ。

#何か見た
ジェンダー観が古いとか女性差別発言な人を「再教育キャンプ」に入れるなんてねぇ。


[ツイまとめ2021年2月号]の続きを読む
宜野湾市でやってる米軍基地の跡利用「西普天間住宅地区」。
沖縄再開発シリーズではなんと2014年以来の登場。
ですが本格的に何かできてるかというと、どうでしょう。

【おしながき】
1◆概要
2◆現況

新城バス停那覇向けから見る

概要


開発の現場は、アメリカ海兵隊施設キャンプ瑞慶覧(現在のキャンプ・フォスターの一部)の宜野湾にかかる部分にある住宅エリア「西普天間地区」でした。

2013年(平成25年)の「沖縄における在日米軍施設・区域に関する統合計画」で「平成26年度またはそれ以降」の返還が示され、2015年3月に返還。以後不発弾の処理が進められ、2018年に土地が地主などに引き渡されました。

返還が提示されて以降まちづくり計画が策定されており、住宅地や医療などのゾーンがあり、西原町にある琉球大学付属病院の移転が決まってます。一方、計画があった普天間高校の移転が断念となるなど、時折見直されてます。


現況


景色いいけど数年後には見納めか?
新城バス停付近から見る光景。琉大病院が来る「沖縄健康医療拠点ゾーン」あたりかな。
区画など整備中。景色いいけど、病院の工事が始まると見納めになるかも。

6年ぶりだけど地面造成
さっきの写真の撮影場所から北の方を向く。
右の丘の向こう側(東側)は住宅などにあてられるゾーンで、さらに東には北谷町から移った米軍の病院があります。


COVID-19/新型コロナウイルス感染症の流行を受けた緊急事態宣言。
政府が1月に出した宣言は、2月末で東海・関西・福岡6府県が解除され残りは首都圏です。
一方、沖縄では県が独自の緊急事態宣言を出してますが、こちらも2月いっぱいで解除。
解除といっても、病床状況や1日あたりの陽性報告数の基準によるので、ワクチンの接種はこれから。引き続き備えて用心を。

さて、そんな2月に那覇の中心部、国際通りを歩いてみます。

国際通り・沖縄ツーリスト本社付近
国際通りの西の端、沖縄ツーリスト本社付近。
休業状態の飲食店や土産屋多数。

ゆっくりしていってね!!(コロナ落ち着いたら)
東方ネタ看板なアニメグッズ屋付近。ここもシャッター下りてる店が多いです。
観光業界は生き残りに必死。そろそろ地域縛りかけてでもGoToトラベル再開していいのでは?
県内総生産がすごく下落するレベルで影響しますから。

むつみ橋周辺も人影まばら
むつみ橋交差点。
夕方の観察だったので学校帰りの中学生や高校生はいましたが、やはり人通りはまばら。

引き続き感染予防をやりつつ、経済もしっかり回していきましょう。
買おう、飲もう、食べよう(持ち帰りや出前、通販も活用して)


仮本店への移転が済んだ琉球銀行の本店ですが、建て替え前の解体、外から見える範囲ではわからない状態が続いてます。アスベスト対処なのかな。あるいは裏側の建物から解体して作業ヤードを確保するのか。

そこで、琉銀本店の周辺で建てた時期が近い、気になる建物を見てみましょう。

【おしながき】
1◆國場ビル
2◆自民党沖縄県連
3◆沖縄県教育会館
4◆電波堂ビル


國場ビル


沖縄の建設業最大手で、グループには映画館やホテルも抱える國場組。
その本社があるのが國場ビル。1970年(昭和45年)完成。

防護ネットに90周年と飾る國場組本社
2月に入り、足場が組まれ防護ネットがつきましたが、おそらく補修でしょう。建て替えなら新聞に大きく載るはずです。
そして防護ネットには「90」。1931年(昭和6年)に國場3兄弟によって生まれてから、今年で90周年。

自民党沖縄県連


國場ビルの裏側、飲み屋が並ぶ一角に
自民沖縄県連の建物も年季入ってるね
自民党沖縄県連があります。
時期はわかりませんが、この建物も結構年季入ってるようで。
建て替えるなら、隣の赤瓦の建物とそのまた隣のローソンもセットとかなら面白いか。

沖縄県教育会館


以前「再開発案件になるのか?」と紹介した沖縄県教育会館。
健在な沖縄県教育会館
1954年(昭和29年)に完成した建物、まだ健在です。
新しい会館は完成予定が2021年4月に変わったものの、工事はしてるようです。

会館の隣を巻き込み再開発を匂わせる動きはあるのかといわれても、正直わかりません。閉店が再開発立ち退きかCOVID-19/新型コロナウイルスの影響か判別つかないので。

電波堂ビル


國場ビルから東へ、久茂地川の対岸にある背の高いビル。
電波堂ビルも結構年季入ってるよね
壁にでかでかと名前書いてます。電波堂ビル。
こちらは1974年完成らしいのう。沖縄銀行の関連会社(おきぎんJCB)などが入ってます。

さて、どこか動くのかな?


このタイミングであの強さ。想起させるには十分です。むしろトラウマ掘り起こされた人もいるでしょう。
2021年(令和3年)2月13日23時8分。M7.3。福島と宮城で震度6強。

この規模で死者0は奇跡というか。
でもそれ以上に驚かされたのが、これが東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の余震ということ。まだエネルギーが残っていたのかというね。

備えよう。


ちょっといい感じだったので、写真リマスターシリーズを続行。

今回の写真は
cpnaha201510-uh60ja-01.jpg
2015年10月。陸上自衛隊那覇駐屯地「陸自祭」でのUH-60JA。
全体的に黄色がかった感じですね。縮小サイズも長辺960pxと小さめ。

やってみた。

2015年撮影の那覇陸自祭のUH-60JAをリマスター
すっきり。